浮鵺城(ふやじょう)/Cloudcastle》

シンクロ・効果モンスター
星9/風属性/機械族/攻   0/守3000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル9モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
召喚・特殊召喚されたレベル8以下のモンスターは、
そのターンには攻撃できない。

 ジャンプフェスタ2014 プロモーションカードで登場した風属性機械族シンクロモンスター
 シンクロ召喚時にレベルモンスター蘇生できる誘発効果レベル8以下のモンスター召喚特殊召喚ターン攻撃を封じる永続効果を持つ。

 蘇生効果により、即座にランク9のエクシーズモンスターに繋げる事ができる。
 しかし、レベル9は数自体が少なく、墓地へ送るのにも手間がかかる。
 さらに、蘇生制限の無いモンスター《インヴェルズ・ホーン》《禁忌の壺》《ディープ・スペース・クルーザー・ナイン》《ハネクリボー LV9》《ビッグ・ホエール》《魔導天士 トールモンド》《モイスチャー星人》の7体のみである。
 普通のデッキでこのカードを出すメリットは少ないため、使用するなら構築段階である程度の準備が必要となる。

 蘇生対象はこのカードシンクロ素材として墓地へ送るのが最も望ましい形だが、そのままでは当然シンクロ素材にならない。
 《レベル・スティーラー》等を使う手もあるが、更に事故率が上がってしまう。
 そのため、手札コストなどで墓地へ送れるならその方が良いだろう。
 なお、このカードを出せる構築は即ちレベルシンクロモンスターを出せる構築なので、メインデッキに頼らずシンクロモンスターのみを蘇生先として運用する手もある。

 ランク9を出せない場合として使用することになるが、それだけなら単体でも役に立つ《鬼岩城》で十分。
 レベル8以下の攻撃を1ターン遅らせることができる効果を持つが、このステータスなら警戒すべきは除去の方であり、あまり意味がない。
 一応《N・グラン・モール》《A・O・J カタストル》に対しては有効であるが、オマケとして考えた方がいいだろう。

  • カード名は「不夜城」のもじりだろう。
    不夜城とは元々中国の史記に登場する古代都市で、転じて現在は繁華街や徹夜仕事の多い建物など、夜でも明かりが煌々とついている様の比喩として使われる。
    また、軍艦を意味する「()城」にもかけているネーミングであると思われる。
    「鵺」については《DZW−魔装鵺妖衣》を参照。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vの第62話でエンジョイ長次郎の取り巻きが看守を静めるためにバラ巻いたカードの一枚。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:そのターンにこのカードが出るより前に召喚特殊召喚されたレベル8以下のモンスター攻撃できない効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(13/12/21)

Q:レベル8以下のモンスター召喚特殊召喚された後にこのカード表側表示でなくなった場合、それらは攻撃できますか?
A:はい、できます。(13/12/21)

Q:レベル9のモンスター召喚した後、そのモンスターレベルが8に下げられました。
  そのモンスター攻撃できますか?
A:いいえ、攻撃できません。(14/05/21)


Tag: 《浮鵺城》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星9 風属性 機械族 攻0 守3000

広告