武神(ぶじん)−アラスダ/Bujin Arasuda》

効果モンスター
星4/光属性/獣戦士族/攻1600/守1900
自分のフィールド上・墓地の「武神」と名のついたモンスターがゲームから除外された場合、
このカードを手札から表側守備表示で特殊召喚できる。
また、このカードがフィールド上に表側表示で存在し、
「武神」と名のついたカードがドロー以外の方法で自分のデッキから手札に加わった場合、
そのターンのエンドフェイズ時に1度だけ発動できる。
デッキからカードを1枚ドローし、その後手札を1枚選んで捨てる。
「武神−アラスダ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した光属性獣戦士族下級モンスター
 武神除外された時に自身を手札から特殊召喚できる誘発効果エンドフェイズ手札交換を行う誘発効果同名カードの存在を制限するルール効果を持つ。

 自身を特殊召喚する効果は「場合」の任意効果なので、タイミングを逃さずに発動できる。
 そのため、自身を除外する獣族武神器効果発動したり、《武神−ヒルメ》特殊召喚すれば、容易に条件を満たせる。
 能動的に使うのであれば、《武神器−ムラクモ》《武神器−ハチ》トリガーとして使うのが有効で、どちらもこのカード特殊召喚する上で障害になりうる要素を除去してくれる。
 単純に、《武神−ミカヅチ》《武神器−ヘツカ》ではフォローできなかった《奈落の落とし穴》に対するフォローにもなるだろう。
 ただし、必ず守備表示特殊召喚しなければならないので、《武神器−ハバキリ》の恩恵を受けられないのは気をつけたい。

 手札交換は、ドロー以外の方法で武神デッキから手札加える必要がある。
 【武神】では、《武神−ヤマト》《武神帝−スサノヲ》を用いるのが手っ取り早い。
 もちろんそれらの効果以外で手札加えた場合も発動条件は満たせるので、《炎舞−「天キ」》等も駆使したいところである。
 獣族武神墓地へ捨てるのが主な動きだが、不確実だが鳥獣族武神を確保する目的でも使える。

 ステータスは他の獣戦士族武神と異なり守備寄りとなっている。
 ほとんどの下級モンスターを止められる程度の守備力はあるので、自身の効果による特殊召喚ができない場合等にはとしてセットするのも悪くはない。
 だが、他に獣戦士族武神がいない場合は各武神器が機能しなくなるため、無闇にセットするのは決して得策とはいえない。
 1900というのも安心できる数値ではないので、他に獣戦士族武神がいない場合でも通常召喚はあまり狙わないようにしたい。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード手札から特殊召喚する効果ダメージステップ中に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(13/11/22)


Tag: 《武神−アラスダ》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 獣戦士族 攻1600 守1900 武神

広告