武神(ぶじん)−ヒルコ/Bujin Hiruko》

ペンデュラム・通常モンスター
星4/光属性/獣戦士族/攻1000/守2000
【Pスケール:青3/赤3】
(1):自分のPゾーンのこのカードを除外し、
自分フィールドの「武神」Xモンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターとカード名が異なる「武神」Xモンスター1体を、
対象のモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
【モンスター情報】
遥か太古の昔に主神の座をかけて「武神−ヒルメ」と戦い、
死闘の末に封印されてしまった悪神。
自らの封印を解くために「ヒルメ」を操り、
禍々しき「アマテラス」を生み出して世界に闇を齎したが、
その野望は「ヤマト」たち若き武神の活躍によって潰えた。

 ディメンション・オブ・カオスで登場した光属性獣戦士族下級ペンデュラムモンスター
 自身をペンデュラムゾーンから除外して武神エクシーズモンスターに別の武神エクシーズモンスターを重ねてエクシーズ召喚するペンデュラム効果を持つ。

 出しにくかった《武神姫−アマテラス》とは相性がよく、自分ターン帰還させてエクシーズ召喚を狙ったり、相手ターン手札に加えて別の武神エクシーズモンスターを出せる。
 自発的に除外できるため《武神降臨》での帰還へ繋げやすく、《救援光》での再利用も容易となる。
 ただし、ペンデュラムゾーンカード魔法カードとして扱われ、そのまま自身を除外するため、《武神−アラスダ》トリガーにはならない。
 擬似的なエクシーズ召喚を行えるため、蘇生帰還をした後のエクシーズ素材を失った状態をフォローするために使うのも一つの手だろう。

 しかし、あくまで武神エクシーズモンスターがいることが大前提であり、展開力が低い【武神】では腐る場合も多く、いざとなればとしての役割も視野に入れて運用した方が良い。
 《武神帝−スサノヲ》でこのカードサーチするよりも、他の武神を落として維持した方が有用な場合が多いため、採用枚数はよく考えたい。
 通常モンスターであることを活かし、《レスキューラビット》《予想GUY》と併用する事で、《武神帝−スサノヲ》エクシーズ召喚をサポートするのも手である。

  • ヒルコ(水蛭子・蛭子神・蛭子命)とは、日本神話においてイザナギイザナミの間に生まれた神である。
    『古事記』によれば、二人が日本列島を作った後に最初に産み出した神だったが、正式な手順を踏まなかったので何らかの欠陥を抱えて産まれてしまった。
    また、『日本書紀』によれば、アマテラスツクヨミの後、スサノオの前に産んだ神だったが、3歳になっても立つことができなかった。
    いずれにせよヒルコは舟に乗せて海に流されてしまうが、流れ着いた先で祀られたりあるいは恵比寿様と同一視されたりと、神話上は悪神という訳ではない。

関連カード

―《武神−ヒルコ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《武神−ヒルコ》 モンスター ペンデュラムモンスター 通常モンスター 星4 光属性 獣戦士族 攻1000 守2000 スケール3 武神

広告