武神(ぶじん)−ミカヅチ/Bujin Mikazuchi》

効果モンスター
星4/光属性/獣戦士族/攻1900/守1500
自分フィールド上の「武神」と名のついた獣戦士族モンスターが
戦闘またはカードの効果によって破壊され墓地へ送られた時、
このカードを手札から特殊召喚できる。
また、このカードがフィールド上に表側表示で存在し、
自分の手札から「武神」と名のついたモンスターが自分の墓地へ送られた場合、
そのターンのエンドフェイズ時に1度、
デッキから「武神」と名のついた
魔法・罠カード1枚を手札に加える事ができる。
「武神−ミカヅチ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

 SHADOW SPECTERSで登場した光属性獣戦士族下級モンスター
 獣戦士族武神の1体であり、特定条件下で手札から特殊召喚できる誘発効果手札から武神墓地へ送られたターンエンドフェイズ時に武神と名のついた魔法・罠カード1枚をサーチする誘発効果同名カードの存在を制限するルール効果を持つ。

 前半の特殊召喚効果は、獣戦士族武神デッキの核となる【武神】において戦線維持ができるため非常に有効。
 特に、《ビビット騎士》《武神器−ヘツカ》では対処できない対象をとらない破壊に対応するのはありがたい。
 同名カード破壊された場合でも特殊召喚が可能なので、《武神−ヤマト》フィールド上に出すまでの時間稼ぎとしても有効である。
 ただし、「破壊され墓地へ送られた」までが発動条件なので、《奈落の落とし穴》等で除外もされると発動できず、「時」の任意効果なので、タイミングを逃す事もある。
 単純な破壊への対処としては《武神器−サグサ》に劣るため、そちらで対処しきれない場合のフォローとして使うのが主となる。

 サーチ効果武神手札から墓地へ送られたターンエンドフェイズ発動するもので、サーチ対象は武神の名を持つ魔法・罠カードである。
 手札から墓地へ送る手段は問わず、《武神−ヤマト》と並べるだけでも発動条件を満たせられ、《武神器−ハバキリ》なら相手ターンにも効果の発動を狙う事ができる。
 サーチ対象は基本的に癖がない《武神降臨》《剣現する武神》がメインとなる。
 サーチしても即座に使用できない関係上、劣勢の巻き返しに強い前者とは特に相性が良い。

 モンスター効果はどちらも少々癖があるが、攻撃力下級モンスターとしては高めなので、効果を使わない場合でも充分な戦力として活躍できる。
 ステータス面なら《武神−アラスダ》《武神−ヒルメ》に比べてかなり癖が少ないので、《武神−ヤマト》の次点となる獣戦士族武神としても採用価値は充分にある。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:『自身を手札から特殊召喚できる』効果、『エンドフェイズ時に武神と名のついた魔法・罠カードをサーチできる』効果はそれぞれ誘発効果です。
『《武神−ミカヅチ》は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない』効果は、分類されない効果ルール効果)となります。(13/07/29)

Q:サーチ効果は『自分の手札から「武神」と名のついたモンスターが自分の墓地へ送られた』タイミング、および効果発動するエンドフェイズの両方で《武神−ミカヅチ》が表側表示で存在している必要がありますか?
A:はい、発動条件を満たした時からエンドフェイズまで、《武神−ミカヅチ》が表側表示で存在し続けなければなりません。(13/07/29)

Q:サーチ効果チェーンブロックはどのタイミングで作られますか?
A:エンドフェイズ効果発動時のみです。(13/07/29)

Q:ダメージステップ時に効果武神破壊される場合、特殊召喚できますか?
A:できます。(12/07/20)


Tag: 《武神−ミカヅチ》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 獣戦士族 攻1900 守1500 武神

広告