武神器(ぶじんぎ)−ヤサカニ/Bujingi Peacock》

効果モンスター
星4/光属性/鳥獣族/攻1800/守 700
自分のメインフェイズ2で、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
デッキから「武神」と名のついたモンスター1体を手札に加える。
この効果を発動するターン、
自分は「武神」と名のついたカード以外の
魔法・罠・効果モンスターの効果を発動できない。
「武神器−ヤサカニ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した光属性鳥獣族下級モンスター
 武神器の1体であり、メインフェイズ2に発動可能な武神1体をサーチする起動効果発動ターン武神以外の効果発動できなくなるデメリットを持つ。

 条件こそ付くが、フィールドの状況に依存せず他のコスト無しで、あらゆる武神サーチできる。
 特に、【武神】の生命線にして最重要カードである《武神−ヤマト》を確実にサーチできるのは非常にありがたい。
 《武神−ヤマト》が既に存在する場合も、余裕があるなら他の武神サーチして布陣を強化することもできる。

 その分制約が厳しく、発動メインフェイズ2に限定され、武神以外の効果発動できない重いデメリットもある。
 発動制限のために、そのターン他の魔法・罠カードによる伏せカードの対策が不可能となるため、サーチしたモンスター除去されやすくなる。
 メインフェイズ2限定であるため、サーチした武神攻撃できないのはもちろん、先攻ターン目には発動できないことになるので、どうしても展開が一歩遅れてしまう。

 総じて安易に使えるカードとは決して言えないが、《武神−ヤマト》の確実なサーチ手段であるため、デメリットを考慮しても採用する価値がある。
 元々《武神−ヤマト》サーチ手段が《炎舞−「天キ」》ぐらいであり、同等の使い方でサーチできるだけでも充分なメリットと言える。
 少なくとも次に繋げられる効果であり、【武神】の安定性を高められるカードには違いない。

  • モチーフは三種の神器の一つ、「八尺瓊勾玉」だろう。

関連カード

―《武神器−ヤサカニ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:武神と名の付いていない魔法・罠カードの「効果の発動」をしたターン効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/11/20)


Tag: 《武神器−ヤサカニ》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 鳥獣族 攻1800 守700 武神

広告