武神集結(ぶじんしゅうけつ)/Bujinunity》

通常魔法
自分フィールド上にこのカード以外のカードが存在しない場合に発動できる。
自分の墓地の「武神」と名のついた獣戦士族モンスターを全てデッキに戻し、
自分の手札を全て墓地へ送る。
その後、デッキからカード名の異なる「武神」と名のついた獣戦士族モンスターを
3体まで手札に加える事ができる。
「武神集結」は1ターンに1枚しか発動できない。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した通常魔法
 自分墓地武神デッキに戻し、手札をすべて墓地へ送り同名カード以外の武神3体までをサーチする効果を持つ。

 主力となる獣戦士族武神を大量に補給できるが、発動条件は非常に厳しく、フィールドに維持することが前提の武神とは相性が悪い。
 墓地にも獣戦士族武神が必要なため、発動できるのは全体除去を受けた場合などに限られる。
 だが、そもそも【武神】全体除去に弱いため、それを警戒するならば全体除去対策のカードを入れた方が良い場合が多い。

 加えて、手札を全て墓地へ送る必要がある。
 手札が2枚以下の場合はディスアドバンテージにはならず、獣族武神などを持っていれば墓地アドバンテージを稼げる。
 しかし、その発動条件からセットでは手札を減らすことができないため、その場の状況に強く依存し、狙ってアドバンテージを得るのは難しい。

 サーチできるのは獣戦士族武神のみであるが、《武神−ヤマト》以外は特殊召喚効果を持つため、手札腐るということは少ない。
 墓地除外可能な武神があれば、《武神−アラスダ》サーチすることで特殊召喚できる。
 ただ、手札フィールドに他のカードがない都合上、よほど墓地武神を蓄えていなければそこからの挽回は厳しい。

 そもそもリカバリーが目的なら《武神降臨》があり、「獣戦士族武神を3体用意する」だけを目的としても《同胞の絆》がある。
 どちらもデメリットこそあるが発動条件は緩めで、カード・アドバンテージの損失も無い。
 高い手札事故リスクを抱えてまで、上記の2枚よりも扱いづらいこのカードを採用するのは難しいと言わざるを得ないだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:手札が0枚またはこのカード1枚のみの場合に発動できますか?
A:できません。(13/11/16)

Q:墓地獣戦士族武神がいない場合、発動できますか?
A:できません。(13/11/16)

Q:自分墓地の「武神」と名のついた獣戦士族モンスターが全てエクシーズモンスターの場合でも発動できますか?
A:はい、発動でき、デッキに戻すモンスターが全てエクストラデッキに戻った場合でも、通常通りに残りの効果適用されます。(14/01/18)

Q:効果処理時墓地獣戦士族武神が存在しなくなった場合、手札墓地へ送る効果とその後の効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(13/11/18)

Q:効果処理時手札が存在しなくなった場合、デッキに戻す効果とその後の効果適用されますか?
A:デッキに戻す効果適用されますが、その後の効果適用されません。(13/11/18)

Q:相手フィールド上に《マクロコスモス》が存在する時にこのカード効果手札カード墓地へ送る代わりに除外された場合、その後の効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(13/11/22)

Q:相手フィールド上に《次元の裂け目》が存在する時にこのカード効果手札モンスター除外され、魔法・罠カード墓地へ送られた場合、その後の効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(13/12/14)


Tag: 《武神集結》 魔法 通常魔法 武神

広告