武神逐(ぶじんやらい)/Bujinfidel》

通常罠
自分フィールド上の「武神」と名のついた
獣戦士族モンスター1体をリリースして発動できる。
そのモンスターのカード名と異なる
「武神」と名のついたモンスター1体を自分の墓地から選択して特殊召喚する。

 JUDGMENT OF THE LIGHTで登場した通常罠
 フィールド上に存在する獣戦士族武神リリースし、墓地に存在する別の武神と入れ替える効果を持つ。

 ディスアドバンテージを負うものの、武神1体を完全蘇生することができる。
 リリースできるのはフィールドに維持する事で威力を発揮するカードばかりであるため、リリースして他のカードと入れ替えたい状況に乏しい。
 サクリファイス・エスケープの他、役目を終えた《武神帝−スサノヲ》《武神−ヤマト》に入れ替え、連続攻撃や再サーチをさせる使い方が主になるだろう。
 だが、サクリファイス・エスケープなら《ビビット騎士》の方が使いやすく、そもそも武神《武神器−ヘツカ》があるので対象を取る効果には元々強い。
 連続攻撃にしても罠カードの宿命として遅さが目立ち、総じて優先度は低いと言わざるを得ない。

  • イラストでは、自らの力を封印した武神器と共に地上世界へ追放される《武神帝−スサノヲ》が描かれている。
    下記の元ネタの通りであるが、こちらの設定では力を疎まれて無実の罪を着せられたために追放されたことになっている。
  • 元ネタは「神逐(かんやらい)」だろう。
    「神逐」とは、日本神話で神を追放する事であり、古事記では特に高天原で暴虐を働いた須佐之男命(スサノオノミコト)高天原(たかあまのはら)から追放した事を指す。
  • 英語名は、「異端者」を意味する英単語「infidel」からか。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《武神逐》 通常罠 武神

広告