武神帝(ぶじんてい)−スサノヲ/Bujintei Susanowo》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/獣戦士族/攻2400/守1600
レベル4「武神」モンスター×2
(1):「武神帝−スサノヲ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
(3):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから「武神」モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。

 JUDGMENT OF THE LIGHTで登場した光属性獣戦士族エクシーズモンスター
 同名カードが複数存在できないルール効果全体攻撃できる永続効果サーチまたは墓地肥やしを行う起動効果を持つ。

 エクシーズ素材武神に限定されている。
 《武神−ヒルコ》《レスキューラビット》《予想GUY》リクルートすればエクシーズ召喚ができる。
 手札から展開できる《武神−ヒルメ》《武神−アラスダ》を使う、《武神降臨》武神2体を展開する、《武神姫−アハシマ》を経由してあちらの効果エクシーズ召喚するといった手もある。
 獣戦士族武神を守る手段は非常に多いため、まず《武神−ヤマト》を維持し、次のターン武神召喚してエクシーズ召喚を狙うのも手だろう。

 (2)の全体攻撃エクシーズ素材がなくても行うことができるため、蘇生帰還との併用も可能。
 ただ、2400という攻撃力エクシーズモンスターとしてはやや頼りなく、《炎舞−「天キ」》などで底上げできると心強い。
 《幻獣の角》を使えば攻撃力を補いつつ大量のドローを期待でき、《オネスト》と併用すると攻撃力を大幅に上げた全体攻撃で大ダメージを与えられる。
 (3)の効果《武神器−ハバキリ》サーチすれば手軽に攻撃力を補えるが、《オネスト》と異なりダメージ計算が終わると攻撃力が元に戻ってしまう事は覚えておこう。

 (3)の効果武神サーチ墓地肥やしを行うもの。
 いずれも《武神−ヤマト》でもできることだが、こちらは手札墓地へ送ることがないためアドバンテージになる。
 メインフェイズに使えるのも大きな強みであり、《武神器−ムラクモ》墓地に置いて即座に除去につなげたり、《武神器−ハバキリ》サーチして強化したりと、《武神−ヤマト》よりも即効性が高い。
 余裕があれば《武神−ヤマト》サーチして、サーチ墓地肥やしを加速する選択肢もありだろう。

  • 原作・アニメにおいて―
    Dチーム・ゼアルの「遊馬(小鳥からの引き継ぎ)vsオボット(改)」戦において、オボット(改)が使用。

関連カード

―《武神帝−スサノヲ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:フィールド《ライオウ》が存在する場合でも武神モンスター手札に加えるか墓地へ送る効果発動できますか?
A:はい、発動でき、その場合手札に加える事ができず、墓地へ送ることになります。(13/05/05)


Tag: 《武神帝−スサノヲ》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク4 光属性 獣戦士族 攻2400 守1600 武神

広告