封印師(ふういんし) メイセイ/Sealmaster Meisei》

通常モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1100/守 900
封印の呪符を使いこなす事ができる数少ない人物。
その経歴は未だ謎に包まれている。

 天空の聖域で登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 これから《魔法封印の呪符》《罠封印の呪符》を使いこなす人物が現れるかは謎に包まれている。
 レベル3・魔法使い族通常モンスターとしては《陰陽師 タオ》に次いで高い攻撃力を持つ。

 擬似《王宮の勅命》《魔法封印の呪符》と、擬似《王宮のお触れ》《罠封印の呪符》を使うことができる。
 しかし、自身のステータスが貧弱なため、他に防御カードを用意する必要がある。
 《罠封印の呪符》《王宮のお触れ》に勝る点が少なく、防御カードも限定される。
 基本的には《魔法封印の呪符》と、相手モンスターを妨害する罠カードを主軸に戦う。
 専用カードが戦術の軸となる以上、このモンスターサーチ特殊召喚する為のサポートカードが必要になる。

 レベル3・攻撃力1500以下の通常モンスターという事で、サポートカードは豊富に存在する。
 《キラー・トマト》はこのモンスターに加え、《魂を削る死霊》にも対応する等、安定性が高い。
 レベル3の通常モンスターなので、《冥界の使者》《魔の試着部屋》《魂を呼ぶ者》《予想GUY》等のサポートカードを活用できる。
 《ジャスティブレイク》発動条件も満たしやすく、《闇の量産工場》《アヌビスの呪い》《凡骨の意地》等との相性も良い。

 効果の対象となる通常モンスターを増やすなら、戦闘力の高い《ジェリービーンズマン》《岩石の巨兵》等が候補に挙がる。
 《ゴルゴニック・ガーディアン》エクシーズ召喚しておけば、モンスターによる突破を牽制できる。
 《安全地帯》《マジシャンズ・ヴァルキリア》で守ったり、《魂を呼ぶ者》蘇生するのも良いだろう。

 それでも《魔法族の里》《マジック・キャンセラー》《ホルスの黒炎竜 LV8》等に比べると、安定性は低い。
 こちらはサポートカードで展開力を高められる点を活かしていきたい。

  • モデルは、平安時代中期の陰陽師(おんみょうじ)安倍晴明(あべのせいめい)」だろう。
    草の葉を投げて蛙を殺したり、天体の異常から花山天皇の譲位を察知したなど数々の伝説がある。
    特に有名なのが、政敵の依頼を受けた蘆屋道満(あしやどうまん)が放った呪文から藤原道長を守ったという言い伝えである。
    道満との戦いは人形浄瑠璃や義太夫等の形で、江戸中期に様々な創作作品を作らせる元となった。
  • このカードが発売された時期は、映画『陰陽師II』が公開されており、ちょうどブームになっていた。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXの第2期OPで確認できる。

関連カード

―命名法則の似たモンスター

―モチーフ関連

収録パック等


Tag: 《封印師 メイセイ》 通常モンスター モンスター 星3 闇属性 魔法使い族 攻1100 守900

広告