風霊使(ふうれいつか)いウィン/Wynn the Wind Charmer》

効果モンスター
星3/風属性/魔法使い族/攻 500/守1500
リバース:このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手フィールド上の風属性モンスター1体のコントロールを得る。

 THE LOST MILLENNIUMで登場した風属性魔法使い族下級モンスター
 6種類存在する霊使いの内の1種類。
 このカード自身と同じ属性モンスターコントロールを得る事ができるリバース効果を持っている。

 基本的な使い方については《地霊使いアウス》を参照。

 現環境では《ダイガスタ・エメラル》《虚空海竜リヴァイエール》《鳥銃士カステル》などの風属性エクシーズモンスターが多いため、それらを奪取できれば理想的。
 《迅雷の騎士ガイアドラグーン》《機甲忍者ブレード・ハート》といった戦闘に特化したモンスターも多いため、《和睦の使者》等で守りつつそれらを奪う事ができれば、そのまま一気に攻勢に転じられる。
 《スターダスト・ドラゴン》などの採用率が高いシンクロモンスターにも風属性がいるため、それらを奪えるのは他の霊使いにはない利点。

  • カード名の「ウィン」は「Wind(ウィンド)(風)」から来ていると思われる。
    ただし、英語名では「Wynn」となり、スペルが若干異なっている。
    恐らく、「Win」では「勝利」となってしまい、元々の意味が変わってしまうからだろう。
    また、「Wind Charmer」と「Win」が重なってしまってくどいと判断されたのかもしれない。
  • DTマスターガイドでは、族長を務める《ガスタの賢者 ウィンダール》《ガスタの巫女 ウィンダ》と共に長老の一族であり、希代の才能を発揮しながらも家系に縛られる事を嫌って外の世界に旅立ったと説明されている。
    しかしマスターガイド2等では元々デュエル世界(ワールド)に居たかのような説明がされており、他のガスタと違いドラゴン族をパートナーにしているなど、謎が多い。
    《端末世界》は仮想世界であるような描写があるが、これが関係しているかは不明。
  • コナミのゲーム作品において―
    WCS2007ではデュエリストとして登場。
    ライフポイント1000以下で勝利せよ」というテーマデュエルの相手である。
    モンスター、魔法、罠、共に強力なものは持っていないのだが、高いランクを狙ってライフポイントをギリギリまで減らしていると、《火の粉》でトドメを刺されてしまう事もあるので、終始油断する事がままならない相手
    「地雷にご注意!」というデッキ名がそれを表している。
  • DUEL TERMINALでは、このカードをスキャンする事でもガスタデッキコンボが使用可能になる。
    ちなみに攻撃する際のモーションは「使い魔の《プチリュウ》を体当たりさせる」というものなのだが、同時に「ウィンの表情が変化する」「カメラワークが素早く移動する」等と、非常に強いこだわりを感じさせるものとなっている。

関連カード

―《風霊使いウィン》の姿が見られるカード

イラスト関連

DUEL TERMINAL関連

収録パック等

広告