風霊媒師(ふうれいばいし)ウィン》

効果モンスター
星5/風属性/魔法使い族/攻1850/守1500
このカード名はルール上「霊使い」カードとしても扱う。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカードと風属性モンスター1体を捨てて発動できる。
デッキから「風霊媒師ウィン」以外の守備力1500以下の風属性モンスター1体を手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は風属性以外のモンスターの効果を発動できない。
(2):このカードが手札に存在する場合、自分の風属性モンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

 Vジャンプ(2020年1月号) 付属カードで登場した風属性魔法使い族上級モンスター
 霊使いとしても扱う効果外テキスト手札から捨てる事で守備力1500以下の風属性サーチする起動効果風属性戦闘破壊トリガーに自身を特殊召喚する誘発効果を持つ。

 (1)は守備力1500以下の風属性サーチ
 効果発動後は風属性以外のモンスター効果発動が封じられるため、基本的には【風属性】での採用となる。
 手札コスト2枚で1枚をサーチするので数値上ではディスアドバンテージだが、サーチするモンスター次第では容易く挽回できる。
 サーチ範囲が広く、【風属性】全般で採用が考えられる。
 特に《SRベイゴマックス》《WW−アイス・ベル》は初動札になる上に召喚権まで温存できるので大量展開・大型展開も狙える。
 他にも【B・F】における《B・F−毒針のニードル》【ハーピィ】における《ハーピィ・チャネラー》【霊獣】における《霊獣使いの長老》など、初手でサーチしたいモンスターは多い。
 墓地モンスターを置けるため、対応するモンスターを捨てつつ蘇生効果を持つモンスターサーチするのも良い。
 【B・F】での《B・F−早撃ちのアルバレスト》【霊獣】での《英霊獣使い−セフィラムピリカ》【ガスタ】での《ガスタの神裔 ピリカ》などが該当する。

 《灰流うらら》などで無効化されると大きなディスアドバンテージを負うので苦しい立ち回りを強いられる。
 なお無効にされた場合には、デメリット適用されず風属性以外のモンスター効果発動できる。

 この効果の発動後、風属性が中心のデッキであっても手札誘発等の汎用カードが使えなくなる点には注意。
 例えば《SRベイゴマックス》サーチして大量展開を狙うタイミングで、相手発動した《増殖するG》《灰流うらら》無効にするといったことはできなくなる。
 《墓穴の指名者》ならこのカード自身とサーチしたカードへの手札誘発両方に対応できるため、併用することでこのカードの持つリスクを軽減できる。

 (2)は手札からの特殊召喚
 しかし、トリガーがやや受動的な上に、自身はフィールド発動する効果を持たず、戦闘要員になれるステータスでもない。
 そもそも手札にこのカードがあるのならば(1)の効果発動する事が殆どなので、基本的にはオマケの効果である。
 一応、【風属性】軸の【霊使い】ならば《憑依覚醒》《憑依解放》によって破壊耐性を得られるので緊急時のとして役立ち得るか。
 自爆特攻することも多い【ガスタ】なら自分バトルフェイズ発動し、メインフェイズ2に素材とするような運用もできる。

 攻撃力1850の魔法使い族なので《妖精伝姫−カグヤ》サーチにも対応している。
 ただし、あちらがフィールドに存在する場合、特に召喚権を使って出した場合はサーチしたモンスターの展開に支障が出る点には注意したい。
 また(2)で特殊召喚すれば《憑依覚醒》の(3)のドロー効果トリガーにもなりうる。

 守備力1500の魔法使い族であり《憑依解放》リクルートにも対応するが、上述の通りフィールドではバニラであり素材としてもレベルの合いにくいレベル5であることを考えるとリクルート先としての優先順位は高くない。

  • 霊媒師(れいばいし)」は「霊媒者(れいばいしゃ)」とも呼ばれ、日本においては古来から「口寄せ」とされた。
    霊体や精霊など超常的存在を自身に憑依させ、他者と話をさせる能力を持つ者を指す。
    降霊術師シャーマンなどが該当する。
  • Vジャンプの予告では「霊使いテーマの新カード!風属性デッキを強化する連携プレイの要となる!!」と紹介されている。

関連カード

効果関連

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《風霊媒師ウィン》 モンスター 効果モンスター 星5 風属性 魔法使い族 攻1850 守1500 霊使い

広告