捕食植物(プレデター・プランツ)セラセニアント/Predaplant Sarraceniant》

効果モンスター
星1/闇属性/植物族/攻 100/守 600
「捕食植物セラセニアント」の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる。
その相手モンスターを破壊する。
(3):フィールドのこのカードが効果で墓地へ送られた場合、
または戦闘で破壊された場合に発動できる。
デッキから「捕食植物セラセニアント」以外の「プレデター」カード1枚を手札に加える。

 ブースターSP−フュージョン・エンフォーサーズ−で登場した闇属性植物族下級モンスター
 相手モンスター直接攻撃時に自身を特殊召喚できる誘発効果戦闘を行ったモンスターダメージ計算後破壊する誘発効果効果墓地へ送られた場合か戦闘破壊された場合にプレデターサーチできる誘発効果を持つ。

 (1)の効果により、直接攻撃を受ける際に特殊召喚してにできる。
 ステータスは貧弱なのでそのまま戦闘破壊される可能性が高いものの、(2)の効果戦闘を行ったモンスターを道連れに破壊できる。
 さらに、戦闘破壊されても(3)の効果プレデターカードサーチ可能なので、アドバンテージを稼げる。

 破壊耐性を持たない相手モンスター直接攻撃に対して使えば相手攻撃を中断せざるを得なくなる。
 その場合、次の自分ターン自爆特攻して(2)(3)の効果発動できる。
 サーチ効果効果墓地へ送られた場合にも発動可能なので、融合素材にしても良いだろう。

 (3)の効果墓地発動するため、《プレデター・プランター》蘇生しても無効にならないのもメリット。
 《プレデター・プランター》《融合再生機構》で毎ターンこのカード蘇生してもしくは融合素材とすれば、プレデターを継続的にサーチする事が可能。

 【捕食植物】だけでなく【金華猫】などのランク1を主軸にしたデッキとも相性がいい。
 直接攻撃を防いだ後、《プレデター・プランター》サーチして使い減りしないランクモンスターエクシーズ素材にできる。

  • カード名は「サラセニア(Sarracenia)」と蟻を意味する「アント」を合わせたものだろう。
    「サラセニア」とは、筒状に丸まった葉を持つ食虫植物の一種である。
    ウツボカズラのようにその中に虫を落とし、中の液体で溺れさせた後捕食する。
  • ユーリの融合召喚時の口上では「奈落へ誘う香しき花」と称されている。

関連カード

―《捕食植物セラセニアント》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《捕食植物セラセニアント》 モンスター 効果モンスター 星1 闇属性 植物族 攻100 守600 捕食植物 プレデター

広告