捕食植物(プレデター・プランツ)ダーリング・コブラ/Predaplant Darlingtonia Cobra》

効果モンスター
星3/闇属性/植物族/攻1000/守1500
「捕食植物ダーリング・コブラ」の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが「捕食植物」モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

 マキシマム・クライシスで登場した闇属性植物族下級モンスター
 捕食植物効果特殊召喚に成功した場合に融合フュージョンサーチする誘発効果を持つ。

 このカード特殊召喚できる捕食植物は3種類いるが、いずれも【捕食植物】では使いやすいモンスターなので、効果の発動自体は容易。
 サーチした融合フュージョンカードでそのまま融合召喚を行うことが可能。
 《捕食植物オフリス・スコーピオ》からリクルートすればメインフェイズ1で融合召喚を行ってから攻撃できる。

 しかし融合召喚だけならば《捕食植物サンデウ・キンジー》でも同じことができてしまうので、わざわざデュエル中1度しか使えないこの効果を使ってまで行う意味は薄い。
 《融合回収》《超越融合》サーチして更なるアドバンテージを見据えるか、《再融合》などの融合召喚以外の効果を持つカードと併用したい。
 また、捕食植物でこのカード特殊召喚するにはデッキ墓地になければならず、手札に来ると邪魔になる。
 とは言えデュエル中1度という誓約の関係上ピン挿しが基本なので手札には来にくく、来たとしても《捕食植物キメラフレシア》などの融合素材にして墓地に置けるため、【捕食植物】では事故にはなりにくい。
 その場合は《捕食植物コーディセップス》効果蘇生して効果を使いたい。

 《捕食植物オフリス・スコーピオ》とは抜群の相性を誇り、ランク3やリンク2に繋げつつサーチを行えるため出張採用も考えられる。
 サーチしたカード次第では更なる展開も考えられ、例えば《ブリリアント・フュージョン》《ジェムナイト・ラズリー》《ギャラクシーサーペント》等を併用すればレベルシンクロ召喚等にも繋げられる。
 ただし出張採用の場合ネックになるのがこのカードの枚数であり、ピン挿しして手札に来た場合はこちらのみならず《捕食植物オフリス・スコーピオ》まで腐る事になる。
 このため、2枚目以降のこのカードの効果が使えなくなることを覚悟して複数枚投入の検討も視野に入る。
 闇属性を主体としたデッキならば《捕食植物サンデウ・キンジー》シナジーがあるので、こちらをピン挿しに留め《捕食植物サンデウ・キンジー》を2枚目以降にするのも良い。

  • モチーフはサラセニア科の食虫植物「ダーリングトニア(別名:コブラプラント)」だと思われる。
    イラストでは、「顔の部分が花のようになっているコブラ」というデザインとなっている。

関連カード

このカード特殊召喚できる捕食植物

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《捕食植物ダーリング・コブラ》 モンスター 効果モンスター 星3 闇属性 植物族 攻1000 守1500 捕食植物

広告