捕食植物(プレデター・プランツ)モーレイ・ネペンテス/Predaplant Moray Nepenthes》

効果モンスター
星4/闇属性/植物族/攻1600/守1000
(1):このカードの攻撃力は、フィールドの捕食カウンターの数×200アップする。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
その破壊したモンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(3):1ターンに1度、このカードの効果で装備しているモンスターカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、その元々の攻撃力分だけ自分のLPを回復する。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した闇属性植物族下級モンスター
 捕食カウンターの数だけ攻撃力を上げる永続効果戦闘破壊したモンスターを装備する誘発効果装備カード破壊し、ライフ回復する起動効果を持つ。

 (1)の効果捕食カウンターの数を参照した自己強化だが、自身に捕食カウンターを乗せる効果はないため、《捕食植物スキッド・ドロセーラ》等の補助が必要になる。
 しかしそれでも元々の攻撃力強化値はさほど高くなく、戦闘破壊を狙うなら《プライドの咆哮》などの強化が必須と言える。

 (2)(3)の効果は連動しており、実質戦闘破壊したモンスター元々の攻撃力分のライフ回復効果と言える。
 ただし、装備カード状態を維持することで墓地利用の阻害もできるため、回復するかは状況による。

 しかし、ライフ回復自体があまり重要視されるものではなく、他の捕食植物ともほとんどシナジーがない。
 【捕食植物】アタッカーとしても《捕食植物スピノ・ディオネア》融合モンスターで十分な場合が多く、ライフ・アドバンテージしか取れないこのカードの優先度は低いのが現状である。
 《アロマセラフィ−ジャスミン》サーチ効果トリガーとして使えるが、その為だけにこのカードを採用する枠を取るのは難しい。
 敢えて利点を挙げるなら、《捕食植物スピノ・ディオネア》リクルートできる唯一のレベル捕食植物なので、ランク4のエクシーズ召喚に繋げられる選択肢が増えることくらいか。

  • 「Nepenthes」は、ウツボカズラ属を意味する学名である。
    ウツボカズラについては《カズーラの蟲惑魔》を参照。
    「モーレイ(moray)」は、英語で魚の「ウツボ」を意味する。
    「ウツボカズラ」の前半部分に掛けてのネーミングだろう。

関連カード

―《捕食植物モーレイ・ネペンテス》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《捕食植物モーレイ・ネペンテス》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 植物族 攻1600 守1000 捕食植物 プレデター

広告