捕食植物(プレデター・プランツ)ヴェルテ・アナコンダ》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/植物族/攻 500
【リンクマーカー:左下/右下】
効果モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターはターン終了時まで闇属性になる。
(2):2000LPを払い、
「融合」通常・速攻魔法カードまたは「フュージョン」通常・速攻魔法カード1枚をデッキから墓地へ送って発動できる。
この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

 LINK VRAINS PACK 3で登場する闇属性植物族リンクモンスター
 フィールドモンスター1体を1ターンのみ闇属性にする効果デッキ内の通常魔法速攻魔法融合フュージョン墓地へ送る事でその発動時の効果コピーする効果を持つ。

 (1)はモンスター1体を闇属性にする効果
 相手モンスター闇属性にすることで《超融合》を(2)でコピーあるいは直接発動すれば《捕食植物キメラフレシア》《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》融合召喚を行える。
 また、他の自分モンスター闇属性にすれば《幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ》リンク素材が揃う。

 (2)は融合フュージョン通常速攻魔法効果コピーする効果
 コピー先は発動タイミングやデメリットを含めると限られているが、《超融合》《プレデター・プライム・フュージョン》なら相手フィールドモンスターを巻き込みながら融合召喚できる。
 またコピーするのは効果だけなので《超融合》手札コスト等は無視できる。
 ただその後の特殊召喚を行えないため、このカード融合素材に含まなかった場合、棒立ちで相手ターンを迎えることになりかねない。
 2000という軽くないライフコストを払っていることもあり、そのまま敗北ということもありうるので、出来れば処理する方法を用意しておきたい。

 このカード自身の縛りが緩いので【捕食植物】以外の融合フュージョンを必要とするデッキでも採用できる。
 融合フュージョン自体にはサーチ手段がいくつか存在するが、モンスター2体とライフコストのみで済むこちらの方が良いカードも少なくない。
 特に《ネオス・フュージョン》発動後のデメリットが被り、《レインボー・ネオス》を出せば棒立ちのこのカードを処理できるので相性がいい。

 その他の使い方としては《融合回収》によるサルベージができるが、特殊召喚が封じられるのであくまでもハンド・アドバンテージを得る程度の使い方となる。

  • デザインとしては、植物の要素を持つ緑色の大蛇である。
    • 「アナコンダ」は、ボア科アナコンダ属に属する蛇の総称である。
      一方で実際には世界最大の蛇として知られるオオアナコンダを指す事が多く、モンスターパニック映画のタイトルに用いられるなど怪物じみた大蛇の名称として創作では広く「アナコンダ」の名が用いられている。
      • 反り上がり尖った吻部を持つ外見は「ハナナガムチヘビ」にもよく似ている。
        ムチヘビは「ツルヘビ(英:Vine Snake)」とも呼ばれ植物に由来する名称を持つため、意図してデザインのモチーフに取り入れている可能性もあるか。
  • イタリア語などで「緑色」を意味する言葉が「ヴェルデ」である。
    それを考えると、モチーフの植物はベンケイソウ科クラッスラ属の多肉植物「緑蛇(ミドリヘビ、リョクダ)」だろうか。

関連カード

収録パック等


Tag: 《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 植物族 攻500 捕食植物

広告