墓穴(はかあな)道連(みちづ)れ/Dragged Down into the Grave》

通常魔法
(1):お互いのプレイヤーは、それぞれ相手の手札を確認し、
その中からカードを1枚選んで捨てる。
その後、お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから1枚ドローする。

 闇魔界の脅威で登場した通常魔法
 お互い手札確認して墓地へ捨て、その後ドローする効果を持つ。
 一応、《暗黒界の取引》のように手札交換カードとして使うことも出来る。

 お互いピーピングハンデスを行う特殊なカードである。
 《押収》と違いライフコストは不要だが、お互い手札が1枚以上なければ発動できない。

 単純な手札破壊カードとして見れば2:1交換と損な取引をし、後のドローでも損失は取り戻しにくい。
 相手手札ピーピングできるが、逆に自分手札ピーピングされるために何も考えずに使うのは非効率的である。
 基本的には、捨てたくない・見せたくないカードセットしてから、捨てられてもいいカード捨てたいカードだけにしてから使うことになる。
 自分魔轟神暗黒界カード捨てつつピーピングハンデスができ、相手手札枚数は差し引き0だが、手札誘発キーカードの対処、情報アドバンテージを獲得と考えれば悪い取引でもない。

 《深淵の暗殺者》の規制が強化された今では、実質【暗黒界】【魔轟神】専用のサポートカードとみなされている。
 また、【インフェルニティ】においては序盤で手札の処理しきれないモンスター捨てつつドローでき、更に手札がない状態で引いたカード《インフェルニティ・デーモン》だった場合特殊召喚しつつ展開ができるため、相性がいい。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自分手札がこのカード1枚のとき、このカード手札から発動できますか?
A:「自分捨てるカードが存在しない状態」では発動できません。

Q:このカード《便乗》発動トリガーにすることはできますか?
A:効果終了時に相手ドローを行っているので可能です。(07/07/27)

Q:では、このカード効果によって《暗黒界の軍神 シルバ》捨てられた場合、《便乗》発動することはできますか?
A:《墓穴の道連れ》の「効果が終わったタイミング」ですので、《暗黒界の軍神 シルバ》効果チェーンをする形で発動することが可能です。(07/07/27)

Q:このカード発動した際に、自分手札がもう1枚のみの場合そのカードチェーンして発動する事はできますか?
A:できます。(10/02/26)

Q:効果解決時にどちらかのプレイヤー手札が0枚になった場合、手札が残っているプレイヤー手札を捨て、ドローしますか?
A:いいえ、その場合お互いの手札を確認できなくなるので効果適用されません。(11/02/05)

Q:自分相手、または両方のデッキが0枚です。
  このとき、このカード発動する事はできますか?
A:どちらかのプレイヤーデッキが0枚でも発動できます。(14/03/21)

Q:墓地へ捨てる手札を選択する際、どちらかのプレイヤーはもう一方のプレイヤーが選択したカードを確認してから選択しますか?
  それともお互いにどのカードを選択したか分からないように選択しますか?
A:ターンプレイヤーから捨てる手札を選びます。(11/06/01)

Q:手札捨てるのとドローをするのは同時ですか?
A:それぞれ相手手札カードを1枚選択して墓地へ捨てる処理を行った後、お互いにカードを1枚ドローする処理を行う事になり、 同時の扱いではありません。(12/11/09)

Q:このカードの効果捨てた《暗黒魔族ギルファー・デーモン》モンスター効果発動できますか?
A:手札からカード捨てた後にドローする処理が続く為、《暗黒魔族ギルファー・デーモン》効果発動する事はできません。(12/11/10)

Q:《マクロコスモス》フィールドに存在する時にこのカード効果手札カード墓地捨てる代わりに除外された場合でも、ドローする処理は行われますか?
A:はい、行われます。(14/11/26)


Tag: 《墓穴の道連れ》 魔法 通常魔法

広告