墓守(はかもり)暗殺者(アサシン)/Gravekeeper's Assailant》

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1500/守1500
「王家の眠る谷−ネクロバレー」がフィールド上に存在しなければ発動できない。
このカードの攻撃宣言時、相手表側表示モンスターの表示形式を変更する事ができる。

 新たなる支配者で登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 墓守の一体であり、条件付きで表示形式を変更させる誘発効果を持つ。

 《王家の眠る谷−ネクロバレー》発動している最中は、高い攻撃力表示形式変更効果アタッカーとして活躍する。
 《機動砦のギア・ゴーレム》等のモンスターに対し、戦闘破壊しつつ大きなダメージを与えられる。
 また、《マシュマロン》等の戦闘破壊耐性を持つモンスターに対しては、破壊できないまでもダメージが通るようになる。

 攻撃対象以外のモンスターもこのモンスター効果対象にできるため、様々な応用が可能である。
 相手攻撃力の低いモンスター戦闘破壊しつつ、隣の攻撃力の高いモンスター守備表示にし、後続の《墓守の長槍兵》貫通攻撃を加える、といった戦術も有効である。

 ただし、《王家の眠る谷−ネクロバレー》がない場合はステータスも低く何の効果も持たないバニラモンスターになってしまう。
 そのため、【墓守】専属のモンスターとなるだろう。

  • アニメで十代たちが飛ばされた異世界では、「サラ」という名の女性として登場している。
    長に忠実ではあるが、迷い込んだ者達の身を気遣う優しい心の持ち主である。
    十代たちより前に異世界に訪れた天上院吹雪に恋心を抱いている。
    • そのせいからか、デュエル中に戦闘を躊躇っている描写がある。
      長の命令により戦闘は行ったものの、罰として平手打ちをくらっており、その行為に十代は憤りを感じていた。
  • アニメZEXALで、チャーリーによって吹き飛ばされたカードの1種類。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCEシリーズにおいては、3まで上記の「サラ」として対戦相手として登場する。
    また、アニメでは使用していないが、TAG FORCE SPではイシズが使用すると専用ボイスが存在する。
    しかしこの時、カード名を「墓守のあんさつしゃ」と発言する。
    イシズはデュエルリンクスでも墓守を使用するが、こちらではしっかり「墓守のアサシン」と発言しており、攻撃名の「アサシンブレード」までボイスが存在する。

関連カード

―暗殺者の名を持つモンスターについては《アサシン》を参照。

効果

収録パック等

FAQ

Q:一度に複数体のモンスター表示形式を変更できますか?
A:一回につき一体だけです。
  なお、表側表示相手モンスターであれば「攻撃対象モンスター」でも「それ以外のモンスター」でも効果の対象にできます。

Q:モンスター表示形式変更の効果相手表側表示モンスター1体を対象に取りますか?
A:はい、対象に取ります。(10/07/03)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》と、《モンスターBOX》適用下で、《墓守の暗殺者》が相手モンスター攻撃宣言をした場合、《墓守の暗殺者》→《モンスターBOX》の順にチェーンを組んで、任意効果強制効果をそれぞれタイミングを逃さず発動できますか。
A:その場合、チェーン《モンスターBOX》チェーン2《墓守の暗殺者》の順にチェーンを組み、処理を行う事になります。(12/06/13)


Tag: 《墓守の暗殺者》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 魔法使い族 攻1500 守1500 墓守

広告