墓守(はかもり)監視者(かんししゃ)/Gravekeeper's Watcher》

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1000
相手プレイヤーが自らの手札を捨てる効果を含むカードを発動した時、
このカードを手札から墓地に送る事でその発動と効果を無効にして破壊する。

 新たなる支配者で登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 墓守の一体であり、手札捨てる効果を持つカードの発動効果無効にする手札誘発誘発即時効果を持つ。

 かつては【デッキ破壊1キル】らの《メタモルポット》《手札抹殺》《処刑人−マキュラ》などに刺さる有用なメタカードだった。
 汎用性の高い《天使の施し》なども止められ、特に【暗黒界】には最大の天敵だと言えた。
 当時は手札誘発自体が非常に珍しく、まず妨害されなかったのも大きな魅力だった。

 しかしこのカードメタ対象の大半にはドローメタ墓地メタ刺さる
 そのため、汎用性の高い手札誘発である《灰流うらら》《屋敷わらし》に勝る採用価値を認められにくいのが実情である。
 暗黒界とのコンボを防ぐためか、近年では手札を「捨てる」ではなく手札を墓地へ送る効果が増えているのもこのカードにとって逆風である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/05/26)

Q:対象をとる効果ですか?
A:いいえ、とりません。(09/02/05)

Q:相手手札が存在しない時に相手《手札抹殺》発動した場合はチェーンできますか?
A:その場合でもチェーンすることができます。(09/02/06)

Q:《マインドクラッシュ》カードの発動チェーンしてこのカード発動できますか?
A:発動できます。(14/03/21)

Q:《伝説の賭博師》効果チェーンして発動できますか?
A:発動できます。(11/09/14)

Q:《剣闘獣オクタビウス》の「魔法・罠カード破壊する効果」と「エンドフェイズ時の効果」それぞれにチェーンして発動できますか?
A:エンドフェイズ時の効果には発動できます。(09/02/05)
  魔法・罠を破壊する効果には発動できません。(09/08/21)

Q:《暗黒界の書物》に対して発動することはできますか?
A:《暗黒界の書物》にはカード捨てる効果は含まれていません。(09/02/06)

Q:既に表側表示《悪夢の蜃気楼》《螺旋槍殺》《デンジャラスマシン TYPE−6》が存在する時に、これらの効果の発動に対して《墓守の監視者》を発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(10/07/03)

Q:《暗黒界の門》カードの発動及び効果の発動に対して、このカードの効果発動することはできますか?
A:いいえ、どちらの場合も発動することはできません。(11/09/08)

Q:《暗黒の瘴気》カードの発動と同時に効果の発動宣言した場合、このカードの効果発動することはできますか?
A:はい、発動破壊することができます。(12/11/22)


Tag: 《墓守の監視者》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 魔法使い族 攻1000 守1000 墓守

広告