墓守(はかもり)祈祷師(きとうし)/Gravekeeper's Shaman》

効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻1500/守1500
このカードの守備力は、
自分の墓地の「墓守」と名のついたモンスターの数×200ポイントアップする。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
「墓守」と名のついたモンスター以外の、
墓地で発動する効果モンスターの効果は無効化される。
また、「王家の眠る谷−ネクロバレー」がフィールド上に存在する場合、
相手はフィールド魔法カードを発動できず、
フィールド魔法カードは相手の効果によっては破壊されない。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した闇属性魔法使い族上級モンスター
 守備力強化する永続効果墓地発動するモンスター効果無効にする永続効果フィールド魔法を守る永続効果を持つ。

 ステータス《キラー・トマト》《墓守の偵察者》に対応する中で最大。
 その他墓守であり魔法使い族であるため恩恵を受けられる特殊召喚サポートは豊富で、フィールドに呼び出すのはそれほど難しくない。
 守備力自己強化値は高くないので、《王家の眠る谷−ネクロバレー》と併用することを考えても墓地墓守は3枚以上を維持したいところ。

 《王家の眠る谷−ネクロバレー》では防ぐことが出来なかった、墓地発動するモンスター効果無効にする。
 併用することでこれまで以上の拘束力を発揮し、このカード単体でも【海皇】【水精鱗】【暗黒界】などに対して優位に立てる。

 更に、【墓守】の要たる《王家の眠る谷−ネクロバレー》専用の《フィールドバリア》とも言うべき効果も兼ね備えている。
 《フィールドバリア》と同じ欠点として、バウンス除外は防げないが、フィールド魔法バウンス除外する手段はそう多くないため防御への気遣いはかなり軽減される。

 警戒する対象が限定されれば《ネクロバレーの王墓》も浮かせやすくなるので、結果的に防御に限らず展開・攻撃面にも貢献できるだろう。

 このカード自体への除去に関しては、魔法使い族なので《ガガガシールド》《トーラの魔導書》で防ぐことができる。
 戦闘面でも自身の効果《王家の眠る谷−ネクロバレー》強化を合わせればそうそう破壊されることもないだろう。
 但し、下手に上述の《トーラの魔導書》魔法カードによる除去を回避すると今度は《王家の眠る谷−ネクロバレー》の恩恵が受けられなくなる。

 このカードレベル6であり、また【墓守】は比較的リリースを用意しやすい。
 だがアドバンス召喚する場合、セットすると自己強化は活かせるがそれ以外の封殺効果が発揮できず、かといって召喚すると今度はステータス面の不安が強くなる。
 基本的には豊富な特殊召喚手段を利用して表側守備表示で場に出せるよう狙っていくことになるだろう。
 《憑依解放》に対応している唯一のレベル6のモンスターでもあるが、効果を活かせないセットか、攻撃表示で出るため使いどころは良く考えたい。

  • 特徴的な髪型と服装から、《墓守の巫女》と何か直接的な関係があるのは確かだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果の分類は何ですか?
A:全て永続効果です。(13/11/17)


Tag: 《墓守の祈祷師》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 魔法使い族 攻1500 守1500 墓守

広告