墓守(はかもり)伏兵(ふくへい)/Gravekeeper's Ambusher》

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1700/守   0
このカードがリバースした時、
相手の墓地のカード1枚を選択してデッキの一番下に戻す事ができる。
また、リバースしたこのカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「ネクロバレー」と名のついたカード1枚を選択して手札に加える事ができる。
このカードの効果は「王家の眠る谷−ネクロバレー」の効果では無効化されない。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 リバース時に相手墓地カード1枚をデッキ戻す誘発効果リバースした自身が墓地へ送られた場合にネクロバレー1枚をサルベージする誘発効果を持つ。

 《王家の眠る谷−ネクロバレー》の影響下では攻撃力2200となり、フィールド魔法に依存するとはいえ《フォトン・スラッシャー》などを一方的に戦闘破壊できるのは大きな利点となる。
 一方で、自身の効果はこのステータスの高さや大半の墓守サポートカードと今ひとつ噛み合っていない。
 効果ステータスの両方の長所を同時に活かそうと無理をするよりは、状況に合わせた役割を遂行させるよう運用していきたい。

 前半部分は墓地利用を阻害する効果だが、《王家の眠る谷−ネクロバレー》と有効な範囲の大半は被っている。
 万一《王家の眠る谷−ネクロバレー》除去された時の保険として機能するだろう。
 《裁きの龍》《ダーク・アームド・ドラゴン》といった墓地カード枚数を参照する大型モンスター特殊召喚を未然に防ぐこともできる。

 後半部分の効果ネクロバレーと名のついたカードサルベージできる効果
 こちらは条件さえ満たせば墓地へ送られる手段を選ばずタイミングも逃さない
 セットからの戦闘破壊を誘うのも悪くはないが、事前に自分の手でリバースさせておくことでアタッカーとして運用しつつ除去された時の損失を補うこともできる。
 ネクロバレーの名を持つカードはいずれも高い拘束力を持つため、リバースしたこのカードの存在はそれだけでもプレッシャーとして機能し得るだろう。

 《マジカルシルクハット》とは相性がいい。
 アタッカーとして運用しつつ、相手バトルフェイズ《マジカルシルクハット》発動すれば、デッキからネクロバレーリクルートして攻撃を受け流しつつ、リバース後に墓地ネクロバレーサルベージできる。

  • 「伏兵」とは、戦闘を予期して戦場となり得る場所に予め兵をおいたり、あるいは戦闘中に先の展開を予想して実際に戦っているのとは別の兵を密かに配置する戦法、またはその兵自体を指す言葉。
    古くは『孫子』にも記される兵法で、日本においても一種の奇襲戦法として広く用いられた。
    • 転じて現代の一般社会では、予期せぬ場所からの反対や批難・攻撃などを「伏兵」と表現することがある。
  • イラストの人物は、フードで顔を隠し幅広の短剣を携えており、一見して「暗殺者」とも呼べそうな装いをしている。
    • 両者を比較した場合、「暗殺者」は個人または少数の要人を計画的・秘密裏に殺害することを目的とし、戦時に限らず政戦などでも暗躍する。
      対して「伏兵」はあくまで戦に勝利するための部隊運用法、及びそれに従事する兵士のことである。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中にリバースした時でも発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/11/16)


Tag: 《墓守の伏兵》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 魔法使い族 攻1700 守0 墓守

広告