宝玉(ほうぎょく)(めぐ)み/Crystal Blessing》

通常魔法
自分の墓地の「宝玉獣」と名のついたモンスターを2体まで選択して発動できる。
選択したモンスターを永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠カードゾーンに表側表示で置く。

 FORCE OF THE BREAKERで登場した通常魔法
 モンスターカードではなく永続魔法としてではあるが、宝玉獣専用のサルベージカードと言える。

 魔法&罠カードゾーン宝玉獣を大きく増やせるが、このカード単体では直接的にはディスアドバンテージである。
 一方で、《レア・ヴァリュー》《宝玉の導き》発動条件として永続魔法扱いの宝玉獣を2体以上必要とするため、宝玉獣2体というラインは大きな分かれ目になる。
 《虹の古代都市−レインボー・ルイン》《宝玉の氾濫》といった【宝玉獣】で重要な役割を果たしうるカードを補助できることも考えると、効果自体は十分に強力である。

 問題は墓地宝玉獣を貯める手段で、漫然とデュエルしていても宝玉獣が2体墓地に落ちるスピードは遅い。
 魔法&罠カードゾーン宝玉獣除去された場合のリカバリーとしては有用だが、そのような相手頼みの発動では事故要因になりかねない。
 《宝玉の祈り》《サンダー・ブレイク》などのコストで消費したり、《手札抹殺》といった手札交換カードなどで墓地に落としたものを使うことになるだろう。
 《アドバンスド・ダーク》も良好なサポートカードで、戦闘破壊によって魔法&罠カードゾーン宝玉獣を置きながら、墓地宝玉獣を送ってこのカード発動条件もすぐ整えられる。

 また、宝玉獣シンクロ素材エクシーズ素材として使用した場合、宝玉獣魔法&罠カードゾーンに置けないためこのカードが役立つ。
 宝玉獣2体を使い《恐牙狼 ダイヤウルフ》エクシーズ召喚し、自身を破壊すれば墓地宝玉獣2枚が揃う。
 同じく墓地宝玉獣を回収するカードとしては《カウンター・ジェム》があるが、状況によって使い分けたい。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードで選択した2体の「宝玉獣」と名のついたモンスターのうちの1体が、効果解決時墓地に存在しなかった場合、残りの1体を魔法&罠カードゾーンに置く事はできますか?
A:はい、できます。(11/07/24)


Tag: 《宝玉の恵み》 魔法 通常魔法 宝玉

広告