宝玉(ほうぎょく)守護者(しゅごしゃ)

ペンデュラム・効果モンスター
星4/炎属性/戦士族/攻1500/守1800
【Pスケール:青2/赤2】
(1):このカードがPゾーンに存在する限り、
1ターンに1度、自分フィールドの「究極宝玉神」モンスター及び「宝玉獣」カードは効果では破壊されない。
【モンスター効果】
(1):自分の「宝玉獣」モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、
自分の手札・フィールドのこのカードをリリースして発動できる。
その戦闘を行う自分のモンスターは、攻撃力・守備力がダメージ計算時のみ元々の数値の倍になり、
ダメージステップ終了時に破壊される。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した炎属性戦士族下級ペンデュラムモンスター
 究極宝玉神宝玉獣耐性を付与するペンデュラム効果宝玉獣モンスターステータスを倍加する誘発即時効果を持つ。

 ペンデュラム効果は、1ターンに1度自分究極宝玉神及び宝玉獣カードの効果による破壊を防ぐ効果
 モンスター宝玉獣破壊されても永続魔法となるため破壊されてもアドバンテージを失いにくい。
 自分カードの効果による破壊からも守れるが、一度永続魔法にしてから展開した方が《宝玉獣 サファイア・ペガサス》効果の再利用ができるといった利点が多い。

 このカードの場合、永続魔法扱いの宝玉獣を守ることに使うのがよいか。
 《ハーピィの羽根帚》などの複数の除去を防ぎ、永続魔法扱いの宝玉獣が減らされることを防げる。
 ただし、1ターンに数回効果発動できる《励輝士 ヴェルズビュート》《裁きの龍》には無力である。
 また、このカード自身が先に破壊されてしまえば耐性はなくなる。
 さらに、魔法&罠ゾーンを1カ所塞いでしまうため、宝玉獣永続魔法化するスペースが減ってしまう。

 モンスター効果は、手札またはフィールドで自身をリリースする事で、宝玉獣モンスター攻撃力守備力強化する効果
 相手攻撃に対して手札から発動すれば奇襲性の高いコンバットトリックとなる。
 ダメージステップ終了時に指定したモンスター破壊されるが、宝玉獣ならば永続魔法になるのでアドバンテージを失いにくい。

 ペンデュラム効果の使いどころが難しいため、手札に温存し、モンスター効果でのコンバットトリックを狙うのが基本的な使い方となる。
 手札からリリースした場合は墓地に行くため、蘇生も狙える。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ペンデュラムゾーンのこのカードフィールド宝玉獣《裁きの龍》などの効果で同時に破壊される場合、宝玉獣破壊されますか?
A:その場合もこのカード効果が適用され、宝玉獣破壊されません。(14/11/14)


Tag: 《宝玉の守護者》 ペンデュラムモンスター 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 戦士族 攻1500 守1800 スケール2

広告