宝玉(ほうぎょく)(きずな)/Crystal Bond》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「宝玉獣」モンスター1体を手札に加え、
そのモンスターとカード名が異なる「宝玉獣」モンスター1体をデッキから選び、
永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編2−で登場した通常魔法
 宝玉獣モンスター1体をサーチし、サーチしたモンスターと異なる種類の宝玉獣1体を魔法&罠ゾーン置く効果を持つ。

 任意の宝玉獣サーチしつつ、同時に【宝玉獣】リソースである魔法&罠ゾーン宝玉獣を増やすことができる。
 サーチ先は特に事情がなければ《宝玉獣 サファイア・ペガサス》ほぼ一択であり、サーチ後に召喚することで魔法&罠ゾーン宝玉獣を2枚置く事ができる。
 これにより《宝玉の導き》《レア・ヴァリュー》発動条件を即座に満たせ、特に前者で《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》リクルートすれば魔法&罠ゾーン宝玉獣を一気に展開できる。

 【宝玉獣】キーカードである《宝玉獣 サファイア・ペガサス》にアクセスできるため、このカード自身をサーチできる《虹の架け橋》と共に複数採用しておきたい。
 全てフル投入すれば《宝玉獣 サファイア・ペガサス》を実質9枚体制で運用できる。

  • コナミのゲーム作品において―
    スマホアプリ「デュエルリンクス」では、ヨハンの使用スキルにこのカードと同じ名前の「宝玉の絆」というものがある。
    カード名と同名のスキルの場合、その動きを再現するような効果やそのカードを場にセットする等関連性のある効果である事が多いが、このスキルは「このターン中自分の表側表示モンスターの攻撃力を自分フィールド上の永続魔法の数×200アップする。」と全く関連性のない効果となっている。
    双方の登場時期からして恐らく偶然一致したものと思われる。
    またこのカード自体も収録されているが、残念ながら収録時期の都合上ヨハンが使用しても使用時のボイスは存在しない。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードチェーンして速攻魔法発動した結果、自分魔法&罠ゾーンに空きがなくなった場合、どのように処理しますか?
A:その場合、カード手札加える処理とカード魔法&罠ゾーン置く処理のどちらも行われません。(17/11/10)


Tag: 《宝玉の絆》 魔法 通常魔法 宝玉

広告