宝玉獣(ほうぎょくじゅう) アメジスト・キャット/Crystal Beast Amethyst Cat》

効果モンスター
星3/地属性/獣族/攻1200/守 400
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる。
この時、このカードが相手ライフに与える戦闘ダメージは半分になる。
このカードがモンスターカードゾーン上で破壊された場合、
墓地へ送らずに永続魔法カード扱いとして
自分の魔法&罠カードゾーンに表側表示で置く事ができる。

 FORCE OF THE BREAKERで登場した地属性獣族下級モンスター
 宝玉獣共通のルール効果と、相手フィールド上にモンスターが存在していても戦闘ダメージが半減する代わりに相手直接攻撃できる永続効果を持つ。

 直接攻撃ができ、宝玉獣獣族サポートを用いればデッキ墓地から奇襲するのも容易。
 ステータスが低くフィールドに長く留まるのは難しいが、直接攻撃を1回通してその後に破壊され魔法&罠カードゾーンに置ければ役目は果たせたといえるだろう。
 宝玉獣なので《聖なるバリア −ミラーフォース−》などの攻撃宣言トリガーとする罠カードはあまり意に介さずに済むが、《次元幽閉》には注意したい。
 攻撃対象に狙われやすいカードであることも含めて、《猛突進》辺りを準備しておけば比較的安心である。

 もっとも、デメリットのせいで直接攻撃ダメージが600にしかならないのは痛すぎるところ。
 《宝玉獣 サファイア・ペガサス》などと共用できる《キャトルミューティレーション》で計1200のダメージが狙えるが、そこまで有用なコンボでもない。
 《宝玉の解放》を装備すれば1000ダメージであり、詰めに欲しい場面もないとは言えないが、手札に来ると扱いづらいこともあってやはり優先度は低くなる。
 一応、ダメージ計算前にこのカード《禁じられた聖杯》を使うことで戦闘ダメージが半分になるデメリットを打ち消し、攻撃力1600の状態で直接攻撃が可能になる。

  • 「アメジスト(Amethyst)」とは「紫水晶(紫石英)」の事である。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおいてヨハン・アンデルセンが使用する精霊の宿るカード
    喋り方から察するにメスである。ヨハンや他の宝玉獣たちのお姉さん的な立ち位置のようだ。
    「vs十代」戦、「vsギース」戦、「vsヘルカイザー亮」戦などにおいて登場し直接攻撃を仕掛けた。
    攻撃名は「アメジスト・ネイル」。
  • 「vs十代」戦では、なぜか効果を使ったせいで止めを刺せなかった。
  • アニメ5D'sにおいて、ガロメによってばらまかれたマルコのデッキに投入されているのが確認できる。
    GXでは「宝石(アメジスト)から成分を抽出して作った世界に1枚しかないカード」であり「値段の付けられない(ほど高価な)カード」とまで言われていたが、ここでは「ケチなカード」と罵倒され、しかもその場に投げ捨てられている。
    量産された可能性もあるが、同一世界の2作品の間でここまで扱いの差が激しいカードは非常に珍しい。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでもヨハンが使用してくる。
    直接攻撃を狙うため、ノーダメージクリアを失敗させる意外な天敵である。

関連カード

戦闘ダメージが半分になる

―その他のリンク

―《宝玉獣 アメジスト・キャット》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:相手フィールド上にモンスターが存在しないときに直接攻撃した場合は戦闘ダメージは半分になりますか?
A:いいえ、なりません。

Q:この直接攻撃する効果《光と闇の竜》無効に出来ますか?
A:いいえ、永続効果なのでできません。
  ちなみに、フィールドに残る効果無効化されません。(07/04/11)


Tag: 《宝玉獣 アメジスト・キャット》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 獣族 攻1200 守400 宝玉獣

広告