崩界(ほうかい)守護竜(しゅごりゅう)

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのドラゴン族モンスター1体をリリースし、
フィールドのカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 SAVAGE STRIKEで登場した通常罠
 対象カード2枚を破壊する効果を持つ。

 1ターンに1度発動回数の制限がある点やコストドラゴン族となっている点を除けば、《ゴッドバードアタック》と同じ性能を持つ。
 運用方法や発動の注意点は《ゴッドバードアタック》のページも参照のこと。

 こちらはリリーストリガーとする聖刻とのシナジーが見込める。
 また、ドラゴン族にはカテゴリに属する物が多く、それらのデッキでの採用も見込める。

 エクストラデッキに入るドラゴン族汎用性の高いモンスターが多いため、それらを使用する場合はメインデッキドラゴン族が少ない場合でも採用を検討できる。

  • カード名にある「崩界」は「崩壊」をもじったものと思われる。
    過去には《夢幻崩界イヴリース》が同様の命名を行っており、どちらも背景ストーリーにおいて星遺物と関わっているという共通点があることから、意識して命名されたのだろう。
  • イラストでは世界全体に大きな地割れが広がってゆき、各地の星遺物の安置されていた場所から光の柱が出現しているように見える。
    この地割れは《守護竜の核醒》イラスト中央にある亀裂と類似しており、その形状は《オルフェゴール・ガラテア》等で見られる『(アスタリスク)』のような模様に似ている。
    また、亀裂の先端が竜の頭部のようになっているのが確認できる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《崩界の守護竜》 通常罠

広告