暴走魔法陣(ぼうそうまほうじん)/Magical Meltdown》

フィールド魔法
「暴走魔法陣」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「召喚師アレイスター」1体を手札に加える事ができる。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
融合モンスターを融合召喚する効果を含む効果を自分が発動した場合、
その発動は無効化されず、その融合召喚成功時に相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

 ブースターSP−フュージョン・エンフォーサーズ−で登場したフィールド魔法
 発動時に《召喚師アレイスター》サーチできる効果融合召喚を行う効果の発動無効にされず、その融合召喚に成功した時に相手効果の発動を防ぐ効果を持つ。

 (1)の効果により発動時に《召喚師アレイスター》サーチできる。
 《召喚師アレイスター》召喚成功時に《召喚魔術》サーチできるため、召喚獣融合モンスター融合召喚準備が整う。
 また、《召喚師アレイスター》手札誘発融合モンスター強化効果も持ち合わせるため、この効果融合モンスター強化と見なすこともできる。
 サーチ自体は《融合徴兵》でも可能だが、あちらにはデメリットがあり、《召喚師アレイスター》サーチではこちらが優先される。
 とはいえ、もう一方の融合素材の確保も融合召喚には重要なため、融合素材を揃えるなら《融合徴兵》など他のサーチカードも入れておきたい。

 (2)の効果により融合召喚を安全に行うことができる。
 融合召喚の妨害タイミングとなる「融合召喚を行う効果発動時」「効果の処理による特殊召喚成功時」の両方で妨害されない。
 相手召喚反応型罠カード腐らせることができる他、融合モンスター特殊召喚に成功した時の効果を確実に発動することが可能となる。
 ただし、発動を封じるのは融合召喚成功時のみであり、発動時には無効にこそできないがチェーンは可能な点に注意が必要となる。
 具体的には、《サンダー・ブレイク》等をチェーンして融合素材手札フィールドから消されると、無効ではなく不発により打ち消されてしまう。
 当然のことながら、これらフリーチェーン融合召喚後の後出しも可能なため、過信はできないのが実情である。
 このカード自身を先に狙われた場合も、結果的に伏せカードを消費させ安全性確保には貢献するが、サーチまで止められると損失となる。

 また、融合素材への除去も防げない点にも注意が必要。
 特にこのカード発動して《召喚師アレイスター》サーチ召喚する場合、カウンター罠で妨害される可能性が高い。
 《虚無空間》《次元障壁》など融合召喚そのものを封じる効果にも無力である。

 (1)の効果を無視して融合召喚の安定性のために採用するのも手ではある。
 しかし、よほど繰り返し融合召喚を行えるデッキでない限り、1〜2回程度安全に通すだけならばカウンター罠等で返す方が汎用性は高い。
 召喚獣《召喚魔術》や、【ジェムナイト】のような、サルベージによる融合召喚ループが狙えるデッキが特に恩恵を受けることができる。

  • 「暴走」という不穏な名前とイラストだが、効果はいずれも安定性に貢献するものである。
    危険な状態としての暴走よりも、「誰にも止められない状態」としての暴走を意識した効果だろう。
  • 英語名の「Meltdown(メルトダウン、炉心溶融)」は、原子炉内の核燃料が融解してしまう現象。
    原子力発電では核分裂による熱と冷却材を組み合わせる事で発生する蒸気を利用するのだが、何等かの要因で冷却システムに異常が生じた場合、過熱され融解した核が炉外に流出、あるいは爆発を引き起こす等して周囲に甚大な被害をもたらす。
    人間の制御を逸脱した結果発生する現象と言う点では一種の「暴走」と言える。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:このカード効果適用されている場合、《デストーイ・マーチ》発動無効化されますか?
A:無効化されません。(17/03/25)

Q:このカード効果適用されている場合、《簡易融合》発動無効化されますか?
A:無効化されません。(16/11/11)


Tag: 《暴走魔法陣》 魔法 フィールド魔法

広告