()サイの戦士(せんし)/Fiendish Rhino Warrior》

効果モンスター
星3/地属性/悪魔族/攻1400/守 900
「魔サイの戦士」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
「魔サイの戦士」以外の自分フィールドの悪魔族モンスターは戦闘・効果では破壊されない。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「魔サイの戦士」以外の悪魔族モンスター1体を墓地へ送る。

 EXTRA PACK 2015で登場した地属性悪魔族下級モンスター
 悪魔族耐性を与える永続効果悪魔族デッキから墓地へ送る誘発効果を持つ。

 (1)の効果は悪くはないが、このカード自身は何の耐性もなくステータスも低いので、与えた耐性が働く前に破壊されてしまうのがほとんどである。
 大型モンスター特殊召喚する前に召喚して、《激流葬》《奈落の落とし穴》を防ぐことができれば充分だろう。
 しかし、墓地へ送られさえすれば(2)の効果発動するため、全くの無駄にならない点で優れる。
 《リビングデッドの呼び声》でこのカード特殊召喚すれば、悪魔族専用の《安全地帯》のように扱うこともできる。

 メインとなるのは(2)の墓地肥やし効果
 悪魔族闇属性が大半なので、墓地へ送る事自体は《終末の騎士》などでも可能だが、このカードは場所を問わずタイミングを逃す事も無いので、必ずしも召喚する必要は無く、他のカードとの連携も取りやすいのが利点となる。
 特に《魔界発現世行きデスガイド》と相性が良く、リクルート後にランク3のエクシーズ召喚に繋げる事が可能で、《彼岸の旅人 ダンテ》ならば一気に5枚も墓地を肥やせる
 他にも【暗黒界】【魔轟神】手札から墓地へ送る効果が多く、キーカード《暗黒界の龍神 グラファ》《魔轟神ソルキウス》墓地へ送る手段として有用である。

 【彼岸】との相性も抜群で、(1)の効果により彼岸共通のデメリットによる自壊を防ぎ、そのままこのカードエクシーズ素材シンクロ素材にする事で(2)の効果へ繋げば、デッキから彼岸墓地へ送る事でアドバンテージを獲得できる。

  • 日本語名の由来は、ケニアやタンザニアの先住民族である「マサイ族」と、動物のサイを掛けたものだろう。
    マサイ族ではある程度の年齢に達している少年のグループは儀式を経て戦士となり、戦士の期間を終えて初めて大人として認められる。
    なお、マサイとは「マー語を話す人」という意味であるとされる。
  • 韓国語版のカード名は直訳すると「マジュサイの戦士」である。
  • サイの獣人といった姿であるが、カード名の「魔」の部分が優先されてか悪魔族となっており、効果悪魔族に関連したものとなっている。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:自壊効果を持つ彼岸モンスターが存在する時に、後からこのカード召喚特殊召喚した場合、彼岸モンスターは自身の効果破壊されますか?
A:いいえ、破壊されません。(15/10/02)

Q:彼岸モンスターとこのカードを同時に特殊召喚した場合、彼岸モンスターは自身の効果破壊されますか?
A:いいえ、破壊されません。(15/10/02)

Q:自分フィールドにこのモンスター彼岸モンスターが存在しています。
  このモンスター戦闘破壊された場合、どうなりますか?
A:戦闘破壊が確定したダメージ計算後のタイミングでこのカードの(1)の永続効果適用されなくなりますが、まだこのカード自身はフィールドに存在する扱いです。
  したがって、彼岸モンスターは同じダメージ計算後のタイミングで自身の(2)の効果により破壊されます。(15/11/11)


Tag: 《魔サイの戦士》 モンスター 効果モンスター 星3 地属性 悪魔族 攻1400 守900

広告