魔王龍(まおうりゅう) ベエルゼ/Beelze of the Diabolic Dragons》

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守3000
闇属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードは戦闘及びカードの効果では破壊されない。
また、このカードの戦闘または相手のカードの効果によって
自分がダメージを受けた時に発動する。
このカードの攻撃力は、そのダメージの数値分アップする。

 PREMIUM PACK 16で登場した闇属性ドラゴン族シンクロモンスター
 破壊されない永続効果、自身の戦闘または相手効果ダメージを受けた場合にその数値分攻撃力自己強化する誘発効果を持つ。

 チューナー闇属性のみだが、《ゾンビキャリア》《BF−疾風のゲイル》《ジャンク・シンクロン》汎用性の高いモンスターが多くいる。
 他属性でも、シンクロチューナー《アクセル・シンクロン》《波動竜フォノン・ドラゴン》を経由させれば、シンクロ召喚が狙える。
 【インフェルニティ】では、同じシンクロ素材《インフェルニティ・デス・ドラゴン》《煉獄龍 オーガ・ドラグーン》シンクロギミックをそのまま転用できる。
 【魔術師】でも《調律の魔術師》と共に《竜穴の魔術師》《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》などレベルペンデュラムモンスターからシンクロ召喚を行いやすい。

 その他《アルティマヤ・ツィオルキン》で呼び出すモンスターとしても有力な候補であり、こちらが除去されない限り《アルティマヤ・ツィオルキン》も強固な耐性を維持できる。

 第1の効果は、戦闘破壊効果破壊の両方に対応する強固な耐性
 3000という高い攻撃力に加え、コンバットトリック除去効果など広範囲をカバーできるため、制圧力は高い。

 第2の効果は、自身の戦闘または相手によるバーンダメージを受けた時、そのダメージ分このカード攻撃力を上げる効果
 自身より攻撃力の高いモンスターが出てきたとしても、自爆特攻で自らダメージを受けることで攻撃力を同等まで引き上げ、次のターンには戦闘破壊する事が可能となる。
 戦闘破壊耐性も合わせ、《オネスト》などのコンバットトリックに対して非常に強いプレッシャーをかける事ができる。

 上記の理由から、《ギガンテック・ファイター》《閃こう竜 スターダスト》に比べシンクロ召喚しにくいが、より強固なアタッカーと言える。
 小型の《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》とも呼べる性能を誇り、自分の使う《ブラック・ホール》等にも耐性があるのはあちらにない強み。
 このカードを突破するには、バウンス除外吸収などの破壊を介さない除去を使うか、効果無効にするなど、大きく限られる。
 しかし、《強制脱出装置》《鳥銃士カステル》などの採用率は高く、現在の環境でそれだけでは安心できない。
 破壊を多用する相手に対しては、自身の攻撃力で素早くライフを削り取れるため有用ではあるが、直接的なカード・アドバンテージ取得能力には欠ける。
 もっとも、元々の攻撃力自体が高いため、カード・アドバンテージ戦闘のみでも十分に稼げる能力がある。

 《闇の幻影》《安全地帯》対象を取る効果への対策が用意できれば、主だった穴はほとんど埋められる。
 《禁じられた聖槍》《禁じられた聖杯》との相性も良く、弱体化相手モンスター強化をしても戦闘破壊される恐れがない。
 シンクロ素材を並べる段階で破壊されるリスクを避けるためにも、主力とするならばこういったカードを利用したい。

  • カード名の「べエルゼ」は「ベルゼブブ」から取られていると思われる。
    ベルゼブブ(バアルゼブブ、ベエルゼブブ)とは、キリスト教では七つの大罪のひとつ「暴食」を司る大悪魔であり、ソロモン72柱のバアルと同一の存在とされている。
    名前はヘブライ語で「蠅の王」を意味し、シンクロ召喚時の台詞に用いられている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《魔界の足枷》が装備された《魔王龍 ベエルゼ》の効果発動した場合、《魔界の足枷》効果と《魔王龍 べエルゼ》の効果の関係はどうなりますか?
A:その場合、《魔王龍 ベエルゼ》の攻撃力《魔界の足枷》によって100となっている数値に、自身の効果によってアップした数値分を加えた攻撃力となります。(14/01/30)


Tag: 《魔王龍 ベエルゼ》 シンクロモンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻3000 守3000

広告