魔海城(まかいじょう)アイガイオン/Aegaion the Sea Castrum》

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/水属性/機械族/攻   ?/守3000
レベル8モンスター×2
「魔海城アイガイオン」の(1)(2)の効果は
それぞれ1ターンに1度しか使用できず、相手ターンでも発動できる。
(1):相手のエクストラデッキから裏側表示のモンスターをランダムに1体除外する。
このカードの攻撃力は除外したモンスターの攻撃力と同じになる。
(2):このカードのX素材を1つ取り除き、
除外されている相手の融合・S・Xモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをエクストラデッキに戻し、
そのモンスターと同じ種類(融合・S・X)の相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。

 ブレイカーズ・オブ・シャドウで登場した水属性機械族エクシーズモンスター
 相手エクストラデッキモンスター除外してそのモンスターと同じ攻撃力になる誘発即時効果除外されている特定のモンスターエクストラデッキに戻して同じ種類のモンスター破壊する誘発即時効果を持つ。

 (1)の効果相手エクストラデッキ除外する効果で、一時的ではないため、ランダムながらも大きな影響力を持つ。
 さほど重要ではないカード除外しても(2)の効果に使え、情報アドバンテージにはなるため損は無い。
 昨今は多様な汎用カードも相まってエクストラデッキの構成に悩むのが常であり、除外することで相手の選択肢を削れるのは大きい。
 誘発即時効果なので相手特殊召喚しようとしたタイミングで発動できれば、大きく計算を狂わせることができる。
 また、こちらの効果コストを必要としないため、蘇生などでエクシーズ素材がない場合でも使える。
 なお、攻撃力のコピーは数値が不確定なため、安定して使うならば守備表示で出し、相手エクストラデッキを探っていくことになる。

 (2)の効果エクシーズ素材相手除外モンスターを消費し、同じ種類のカード破壊する効果
 多くのデッキでは融合シンクロエクシーズモンスターのどれか1種類に集中しているため、(1)の効果と併せれば大抵は破壊が成立する。
 フリーチェーンのため、(1)の効果で適当に除外しておくだけでも、相手に同種の展開を躊躇させる牽制となる。
 ただし、破壊のためにエクストラデッキ戻したカード相手が使えるようになってしまうため、何を戻すかが重要となる。

 総じて、相手への牽制、情報アドバンテージの獲得、展開の拘束に除去と幅広い動きができる。
 しかし除外ランダムであり、相手への影響と攻撃力が安定しないというのが最大の難点。
 どのタイミングでどう使うかという、使い手の腕が試されるカードと言えよう。

  • 「アイガイオン(アイガイオーン、Aegaeon)」とは、ギリシャ神話に登場する巨人族「ヘカトンケイル(Hecatoncheir)」の一人であり、「ブリアレオース(Briareos)」とも呼ばれる。

収録パック等


Tag: 《魔海城アイガイオン》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ ランク8 水属性 機械族 攻? 守3000

広告