魔玩具補綴(デストーイ・パッチワーク)

通常魔法
「魔玩具補綴」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「融合」1枚と「エッジインプ」モンスター1体を手札に加える。

 DIMENSION BOX LIMITED EDITIONで登場した通常魔法
 《融合》エッジインプモンスターを1枚ずつサーチする効果を持つ。

 手札にこのカードファーニマルモンスターが1枚ずつあれば、即座に融合召喚の準備が整う。
 融合召喚に伴うカード消費を抑えられ、特定のエッジインプを必要とするデストーイの使い分けもしやすい。
 さらにデストーイに属しているため、《エッジインプ・チェーン》サーチしてその効果発動できれば、2枚目のこのカードサーチしてさらにハンド・アドバンテージを稼げる。
 【ファーニマル】においては安定性を支える重要なカードとなる。

 欠点としては、デッキ内に《融合》エッジインプが両方なければ発動できない点が挙げられる。
 特に、サーチ手段が多くデッキ戻す手段に乏しい《融合》は、デッキからなくなってしまう可能性も高い。
 このカードを重視する場合は、他の《融合》サポートの投入や使用を抑える事も視野に入れたい。
 《エッジインプ・シザー》ならサーチ対象をデッキトップに戻せるのでこの弱点をある程度補える。
 《祝福の教会−リチューアル・チャーチ》《融合》デッキに戻し、《ファーニマル・ウィング》等を蘇生しても良いだろう。
 確実な初動を重視するならば複数の併用もあり得るが、その場合は手札コスト等に処理できるようにするか、腐ることを気にせず短期決戦を狙うことになるか。

 《融合》モンスター1体分を条件・コストなしに即座に用意できる効率から、《融合》による融合召喚軸のデッキ全般での出張も考えられる。
 エッジインプは全て闇属性悪魔族のため、これらを融合素材にできる融合モンスターを合わせて採用したい。
 出張する場合、あらゆる融合モンスター闇属性で出せる《捕食植物ドラゴスタペリア》との併用で、どのようなデッキでも採用できる。
 《沼地の魔神王》等と比べた場合、融合素材の幅は制限されるが、ハンド・アドバンテージから即座に融合召喚しやすい点、デッキ圧縮の点で勝る。
 一方で、役割の限定されたモンスターに枠を割く点や、《融合》以外の手段を利用する場合との兼ね合いから、実際に採用を検討するデッキはある程度絞られる。

 エッジインプ自体を活用する場合、効果汎用性から《エッジインプ・シザー》は特に狙えるコンボも幅広く活かしやすい。
 例えば《D−HERO デッドリーガイ》を使用する【D−HERO】は、《エッジインプ・シザー》《D−HERO ダイヤモンドガイ》効果の補助ができる点でもシナジーしている。
 融合素材フィールドモンスターに指定されている《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》を採用するデッキにも相性は比較的良い。
 また、上記の通り《エッジインプ・チェーン》ならば2枚目のこのカードサーチできるため、デッキの回転を上げる目的での採用も考えられる。

  • 補綴(ほてい)は不足している部分などに手を加えておぎない、つづる事を指す。
    補綴(ほてつ)と読む場合はおもに身体の欠損部分を人工物でおぎなう事を指し、歯学におけるインプラント(人工歯根)などが代表例。
    「パッチワーク」とは、布をつなぎ合わせて一つの布にすることを意味する。
    イラストでもファーニマルデストーイがめちゃくちゃにつぎはぎ状態となっている。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《魔玩具補綴》 魔法 通常魔法 デストーイ

広告