魔女(まじょ)一撃(いちげき)

通常罠
(1):相手がモンスターの召喚・特殊召喚を無効にした場合、
または相手が魔法・罠・モンスターの効果の発動を無効にした場合に発動できる。
相手の手札・フィールドのカードを全て破壊する。

 SAVAGE STRIKEで登場した通常罠
 相手召喚特殊召喚魔法モンスター効果の発動無効にした場合に、相手手札フィールドのカードを全て破壊する効果を持つ。

 相手手札フィールドを全て破壊し、以降の動きを封じられる。
 とはいえ、相手の行動に完全に依存するため、狙って発動するのは困難である。
 また、自分カードの発動無効化された後となると、大抵はマストカウンターとなるカードを防がれた後であり、その時点で自分も大きな損失を被っていることが多く、このカード発動させても挽回できない可能性が高い。
 何かしらのカードを囮にして相手カウンター罠等を誘ってこのカード発動するのが理想だが、それが可能な状況は大抵こちらが押している状態で、あえてリセットを狙わなくてもいい場面であることが多い。

 基本的に相手が対応するカードを積んでいるようなデッキに対してサイドデッキから投入すると良いだろう。
 マストカウンターが明確なデッキ《封魔の呪印》刺さるデッキにおいて、相手が投入したメタカードを更にメタる形となる。

 もちろん【メタビート】【パーミッション】相手効果を通せればエンドカード級の働きを見せる。
 しかしこのカード自体は耐性を持たないので、こうしたデッキ発動しても十中八九無効にされるだろう。
 特に《スターライト・ロード》《大革命返し》発動条件を満たす公算も高く、これらでアドバンテージを失っては元も子もない。

 手札フィールドのカード全体除去はいずれも破壊を介するため、昨今珍しくない破壊耐性持ちは除去できないほか、破壊されることを展開のトリガーとする【Kozmo】【ネフティス】はこのカードの天敵と言える。

 一応《死霊騎士デスカリバー・ナイト》のように強制効果による無効化を行うモンスター相手送りつければ能動的に発動条件を満たせる。
 《D−HERO ダークエンジェル》とは採用し得るデッキが近いと言えるだろう。

  • ドイツ語やイタリア語では、ぎっくり腰の事を「魔女の一撃」と言う(独:Hexenschuss/伊:Colpo della strega)。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《魔女の一撃》 通常罠

広告