魔神王(ましんおう)禁断契約書(きんだんけいやくしょ)/Forbidden Dark Contract with the Swamp King》

永続魔法
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札から「DDD」モンスター1体を効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
悪魔族の融合モンスターカードによって決められた、
このカードの(1)の効果で特殊召喚したモンスターを含む
融合素材モンスターを自分の手札・フィールドから墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
(3):自分スタンバイフェイズに発動する。
自分は2000ダメージを受ける。

 ザ・ダーク・イリュージョンで登場した永続魔法
 DDD手札から特殊召喚する効果、その効果特殊召喚したモンスターを含む融合素材悪魔族融合召喚する効果自分スタンバイフェイズに2000ダメージを受ける効果を持つ。

 基本的な効果《魔神王の契約書》と同様だが、以下の点が異なる。

  1. 同名カード効果の発動が制限されていない。
  2. DDD手札から特殊召喚する効果を持つ。
  3. 融合素材には墓地モンスターが使用できず、このカード効果特殊召喚したモンスターを含まなければならない。
  4. スタンバイフェイズダメージが2000。

 (1)の効果特殊召喚したDDD効果無効化され、守備表示なので攻撃もできないため、各種素材に使用することになる。
 (2)の効果融合素材とするのが基本だが、シンクロ素材エクシーズ素材などにも使うことも可能。
 だが、DDD手札に必要で墓地融合もできない分、《魔神王の契約書》よりも腐る可能性が高い。
 また、《DDスワラル・スライム》ならDDDでなくても融合素材にできる上に、(1)の効果のような制約もなく手札DDD特殊召喚できる。
 以上の点から、融合召喚を行うカードとして見た場合、これらに使い勝手は大きく劣る。

 ペンデュラムモンスターであれば、フィールドから融合素材とした場合はエクストラデッキに送られる。
 しかし、【DD】蘇生を多用するため、エクストラデッキではなく墓地に置いた方が都合が良い場合も多い。
 ペンデュラム召喚型の【DD】であればエクストラデッキに送る意義もあり、融合素材とした後すぐにペンデュラム召喚エクストラデッキから呼び戻せる。
 だが、それ以降はエクストラデッキからペンデュラム召喚したDDD融合素材にできないため、継続的に融合召喚を行いたい場合は《魔神王の契約書》の方が扱いやすい。
 さらにペンデュラムモンスターエクストラデッキに送る事に関しても、使い捨てだが使いやすい《ペンデュラム・フュージョン》が存在している。

 総じて中途半端な面や似た役割で使い勝手の良いカードの存在が目立つため、どうにも優先しづらいカードと言わざるを得ない。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《魔神王の禁断契約書》 魔法 永続魔法 契約書

広告