魔神儀(デビリチャル)−キャンドール》

効果モンスター
星4/光属性/炎族/攻   0/守   0
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):手札の儀式魔法カード1枚を相手に見せて発動できる。
「魔神儀−キャンドール」以外のデッキの「魔神儀」モンスター1体と手札のこのカードを特殊召喚する。
(2):このカードがデッキからの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから儀式魔法カード1枚を手札に加える。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した光属性炎族下級モンスター
 自身とデッキ魔神儀特殊召喚する起動効果リクルートされた場合に儀式魔法サーチする誘発効果、自身のエクストラデッキからの特殊召喚を封じる永続効果を持つ。

 (1)は、儀式魔法を見せる事で手札の自身とデッキ魔神儀特殊召喚する効果
 この効果《魔神儀−タリスマンドラ》リクルートすれば、あちらの効果儀式モンスターサーチできるので、見せた儀式魔法とあわせて即座にレベル10までの儀式召喚が行える。

 (2)は、儀式魔法サーチする効果
 発動条件《魔神儀−タリスマンドラ》からのリクルートによって満たす事になるだろう。
 レベル4なので《召喚僧サモンプリースト》によるリクルートにも対応している。
 なお、《召喚僧サモンプリースト》自体はリリースできないため、儀式召喚リリースには使えない。

 (3)は自身のエクストラデッキからの特殊召喚を封じるデメリット効果
 儀式召喚を主戦術にするデッキでもエクストラデッキを使う事は少なくないので、早急に儀式召喚リリースにしてフィールドから離してしまいたい。
 相手モンスターを展開したり《融合》等の発動タイミングで《ギブ&テイク》等で相手に送りつける戦術も有効。

 対になる《魔神儀−タリスマンドラ》と比べると、光属性であるため儀式モンスターである《竜姫神サフィラ》のサポートが受けられる。
 しかし、レベル種族サポートカードのかみ合わせが悪く、無理に使うと事故を起こしやすい。

  • 名前の由来は、「キャンドル(蝋燭)」と「ドール(人形)」だろう。
    イラストには擬人化(あるいは擬獣化)された炎と、同じく擬人化された蝋燭が描かれている。
    炎が激しく燃え盛っているからか、蝋燭は疲れたような顔をしている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《魔神儀−キャンドール》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 炎族 攻0 守0 魔神儀

広告