魔装機関車(まそうきかんしゃ) デコイチ/Dekoichi the Battlechanted Locomotive》

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻1400/守1000
リバース:カードを1枚ドローする。
自分フィールド上に「魔貨物車両 ボコイチ」が表側表示で存在する場合、
さらにその枚数分カードをドローする。

 RISE OF DESTINYで登場した闇属性機械族下級リバースモンスター
 リバースした場合にデッキからカードを1枚ドローする誘発効果を持つ。

 最低限のステータスを備えており、ドロー効果発動条件も非常に緩い。
 ステータス効果共に《スケルエンジェル》を上回る。
 弱小モンスター相手戦闘ならばこなせる攻撃力は、いざという場面で差が出てくることもある。
 ただし、《シャインエンジェル》等のリクルーター相打ちされるため、一方的にアドバンテージを取られてしまう。

 属性種族にも恵まれており、《闇の誘惑》《リミッター解除》でサポートできる。
 《ブラック・ボンバー》に対応するのも大きなメリット
 効果を使い終わったら《キメラテック・オーバー・ドラゴン》《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》相手フィールドを荒らすのも有効。

 自分フィールド《魔貨物車両 ボコイチ》が存在する場合、さらにその数だけドローする効果も持っている。
 最大で4枚ドローできるが、条件を満たすのは難しく、《魔貨物車両 ボコイチ》を並べるのにカードを大量に使っては元も子もない。
 狙うなら、《機械複製術》《同姓同名同盟》等で《魔貨物車両 ボコイチ》を並べる専用デッキとなる。

  • 海外でこのカードが評価された背景として、日本と海外のカードプールの差異が挙げられる。
    《おろかな埋葬》などの一部の強力なカード海外では未発売だったため、サーチ手段の代替として採用されていた。
    実際、日本チャンピオンが世界大会(英語版が存在するカードしか使用できない)に出場する際、国内大会では全く使っていなかったこのカードを3枚積みした例も存在する。
  • 元ネタは日本で最も多く製造された蒸気機関車、D51型か。
    石炭と水を積む炭水車を持つ「テンダー機関車」で、本来貨物用であるが実際にはその使い勝手の良さから旅客用にも多用された。
    現在では「デゴイチ」の愛称で知られるが、実は元々の愛称は「デコイチ」であり、「デゴイチ」は後世に訛ったものである。
    わざわざあまり知られていない古い愛称を使用するあたり、デザイナーのこだわりが感じられる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:自分魔法&罠カードゾーン表側表示で存在する装備カード《魔貨物車両 ボコイチ》の数も含めてドローすることができますか?
A:はい、できます。(10/07/16)

Q:カードを1枚ドローする処理と《魔貨物車両 ボコイチ》自分フィールドに存在する場合に追加でドローする処理は同時に行う扱いですか?
A:いいえ、同時に行う扱いではありません。(14/12/04)


Tag: 《魔装機関車 デコイチ》 リバースモンスター 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 機械族 攻1400 守1000

広告