魔帝(まてい)アングマール/Angmarl the Fiendish Monarch》

効果モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻2400/守1000
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した時、
自分の墓地の魔法カード1枚を除外して発動できる。
除外したその魔法カードの同名カード1枚をデッキから手札に加える。

 PREMIUM PACK 18で登場した闇属性悪魔族上級モンスター
 アドバンス召喚に成功した時、墓地魔法カード除外し、その同名カードサーチする誘発効果を持つ。

 《永遠の淑女 ベアトリーチェ》等の墓地送りと合わせれば狙った魔法カードをピンポイントでサーチすることができる。
 しかし、このカードアドバンス召喚せねばならず、無暗に採用しても事故を起こす可能性がある。
 また、制限カードサーチできず、複数枚採用が前提となる魔法カードキーカードとするなら、ピンポイントでサーチするこのカードよりもドロー加速を狙ったほうが早い。
 墓地魔法カードを直接手札加える《混沌の黒魔術師》と比べると特殊召喚に対応しない点は一長一短で、こちらは単純にデッキ圧縮となり、《D.D.クロウ》を直接チェーンされても妨害されない利点はあるが、サーチなので《ライオウ》に引っかかる。

 アドバンス召喚サポートを併用するデッキで採用し、サーチして何度も使えるようにするべきか。
 《帝王の烈旋》を利用しこのカードアドバンス召喚し、1枚目の《帝王の烈旋》コストに2枚目をサーチすることで戦線を維持できる。
 【帝王】では任意の帝王魔法カード《天帝アイテール》《冥帝エレボス》墓地へ送ることができ、除外した後も《天帝従騎イデア》で回収し再利用が可能。
 一方で帝王魔法カード自体は《帝王の深怨》《汎神の帝王》サーチが容易であり、墓地においては《真源の帝王》自己再生コストとしても有用である。
 そもそも【帝王】最上級帝が主力であり、このカードを使わずとも高い安定性を持つため、上級帝中心の構築で採用するべきだろう。
 その他、《サイクロン》《ナイト・ショット》等と組み合わせて堅実にアドバンテージを取るのも有効である。

 ランク6を軸としたデッキであれば《永遠の淑女 ベアトリーチェ》で目的の魔法カード墓地へ送ることができる。
 【聖刻】等はリリース確保も容易であり、このカードランク6のエクシーズ素材に使用できるため相性が良い。

  • 名前の由来は、J・R・R・トールキンの小説『指輪物語』に登場する「アングマールの魔王」だろう。
    ナズグル(指輪の幽鬼)の首領であり、物語最大の敵である冥王サウロンの副官である。
    魔法の力にたけており、魔法をサーチする効果はそれが由来であろう。
    また、漫画ARC-Vで《冥帝エレボス》リリースとなっているのも、原作での魔王が冥王に仕えていることのオマージュと考えられる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《魔帝アングマール》 モンスター 効果モンスター 星6 闇属性 悪魔族 攻2400 守1000

広告