魔導化士(まどうけし) マット/Fool of Prophecy》

効果モンスター
星3/地属性/魔法使い族/攻1600/守 900
1ターンに1度、デッキから「魔導書」と名のついた
魔法カード1枚を墓地へ送る事ができる。
この効果を発動したターンのエンドフェイズ時、
自分の墓地の「魔導書」と名のついた魔法カードが5種類以上の場合、
このカードをリリースする事で、
デッキから魔法使い族・闇属性・レベル5以上のモンスター1体を特殊召喚する。

 COSMO BLAZERで登場した地属性魔法使い族下級モンスター
 デッキから魔導書墓地へ送る起動効果、この効果を使用したターンエンドフェイズ魔法使い族リクルートする誘発効果を持つ。

 前半の効果は、魔導書デッキから直接墓地へ送る効果
 デメリットもなく、魔導書墓地へ送ることができるので、墓地魔導書を参照するカードサポートカードになる。
 ただし、墓地魔導書を増やすだけなら《魔導書士 バテル》の方が扱いやすく、《グリモの魔導書》サーチして発動することでこのカードより1枚多く墓地魔導書を増やしつつ、各魔導書を活用してアドバンテージを稼ぐことができる。
 後半の効果と合わせて使う事になるだろう。

 後半の効果は、前半の効果発動した後に、墓地魔導書が5種類以上の場合に、自身をリリースして魔法使い族リクルートする効果
 発動条件を満たすことが難しい上に、発動タイミングがエンドフェイズと遅いので、即座にシンクロ素材エクシーズ素材に使用できない。
 また、リクルート範囲が被っている《魔導召喚士 テンペル》は速効性があり、光属性にも対応している。

 こちらの場合、《魔導冥士 ラモール》特殊召喚し、アドバンテージを得るために使う事になる。
 ただし、特殊召喚しても相手ターンを凌がなければ素材などに転用できず、耐性等もないため維持できるかは不安が残る。
 前半の効果魔導書墓地へ増やし、《ゲーテの魔導書》で守れるようにしておきたい。

  • ウェイト版タロットにおける「愚者」のデザインは、右肩に棒を担いで左を向いている若い旅人であり、このカードイラストはそれらを踏襲している。

関連カード

―《魔導化士 マット》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果の分類は何ですか?
A:魔導書墓地へ送る効果は起動効果エンドフェイズ発動する効果誘発効果です。(13/06/07)

Q:このカード墓地へ送る効果発動した後に、そのターンにこのカード裏側表示になり、同じターンにこのカード表側表示になった場合や《亜空間物質転送装置》効果除外されフィールド上に戻った場合、エンドフェイズ時に特殊召喚する効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(12/11/24)


Tag: 《魔導化士 マット》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 魔法使い族 攻1600 守900 魔導

広告