魔導獣(マジックビースト) ガルーダ》

ペンデュラム・効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1200/守1600
【Pスケール:青4/赤4】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合、
このカード以外のフィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードとこのカードを破壊する。
【モンスター効果】
このカード名の(1)のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功した時、
自分フィールドの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、相手が召喚・特殊召喚したそのモンスターを持ち主の手札に戻す。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分または相手が魔法カードを発動する度に、
このカードに魔力カウンターを1つ置く。

 EXTREME FORCEで登場した光属性魔法使い族下級ペンデュラムモンスター
 条件付きで自身と魔法・罠カード1枚を破壊するペンデュラム効果相手召喚特殊召喚トリガーに自身を手札から特殊召喚し、そのモンスターバウンスする誘発効果魔法カードカードの発動トリガーに自身に魔力カウンター置く永続効果を持つ。

 ペンデュラム効果は自身を破壊するものの《サイクロン》などと同じく1:1交換自体は成立するため、悪くはない。
 ただ、似たようなペンデュラム効果を持つモンスターには、発動条件の無い《エキセントリック・デーモン》が存在する。
 ペンデュラム効果自体はあちらの方が使いやすいので、こちらは魔導獣であることを活用していきたい。

 (1)は、魔力カウンター3つをコストに自身を特殊召喚し、相手モンスターバウンスする効果
 エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターバウンスできれば損害を与えやすい。
 ただ、召喚特殊召喚無効にしているわけではないので、召喚・特殊召喚に成功した時に発動する誘発効果には注意が必要となる。
 また、手札誘発効果でありながら、そのコストの性質上相手先攻の場合の先攻ターン目に効果発動できないのは痛い。
 特殊召喚した後のこのカードはほぼ壁にしかならないので、やはり「特殊召喚する効果」でなく「バウンスする効果」として運用すべきだろう。

 (2)は魔力カウンターを稼ぐ効果
 フィールドのこのカード魔力カウンターを使用する効果がないため、他のカードのサポートがないと無意味である。
 (1)の効果バウンスした後のオマケと考えていいだろう。

関連カード

―《魔導獣 ガルーダ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《魔導獣 ガルーダ》 ペンデュラムモンスター 効果モンスター モンスター 星4 光属性 魔法使い族 攻1200 守1600 スケール4 魔導獣

広告