魔導獣(マジックビースト) ケルベロス/Mythical Beast Cerberus》

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1400/守1400
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの魔力カウンターの数×500アップする。
(3):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に
このカードの魔力カウンターは全て取り除かれる。

 ストラクチャーデッキ−魔法使いの裁き−で登場した光属性魔法使い族下級モンスター
 魔法カード発動される度に自身に魔力カウンター置く永続効果魔力カウンターの数を参照して自己強化する永続効果戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に自身の魔力カウンターを全て取り除く永続効果を持つ。

 魔力カウンター1つでようやく一般的なアタッカーと同じラインで、戦闘すると魔力カウンターを取り除かなければならない。
 《奈落の落とし穴》にかからないとはいえ、《クルセイダー・オブ・エンディミオン》等と比較してやや頼りない。

 とはいえ、使用したプレイヤーや、魔法カードの種類も問わないため、けん制役としては悪くない上昇率である。
 相手ターン発動できる速攻魔法との相性は良く、伏せカードがあるだけでプレッシャーを与えられる。
 魔法・罠除去魔法カードに依存するデッキも多い昨今では、これにチェーンする事で《サイクロン》などの無意味なカードでも強化に重ねて計上できる。
 《オネスト》にも対応するので戦闘における奇襲性は高い。

 装備魔法を用いる場合でも、これを狙う魔法・罠除去強化に変換可能なので相性は悪くないが、このカード自身は無防備である点に注意が必要である。
 使いきりとして見るならば、《マドルチェ・マジョレーヌ》《墓守の召喚師》といったカードの存在も考慮する必要がある。
 ただし、耐性を付与する魔法カードでも強化を同時に狙える利点もあるのでどちらが良いかはデッキの内容による。

 1ターン内に連続して複数を発動しやすく、速攻魔法をも利用できる魔導書との相性は非常に良い。
 ただし、継続的に強化が行える《魔導戦士 フォルス》も存在しており、通常ではあちらが優先される。
 こちらは1ターンに1度の制約や縛りがないため、《強欲で謙虚な壺》《トゥーンのもくじ》《魔力掌握》といったものを併用し爆発力を高められる。
 住み分けを意識するよりは、【ヒュグロビート】での併用や、光属性サポートカードエクシーズ召喚が行える点を考慮したい。

 《シャインエンジェル》から特殊召喚できるため、《王宮のお触れ》を採用する【リクルーターカオス】との相性が良い。
 速攻魔法の比率が高いため、特殊召喚後に《収縮》《突進》《サイクロン》等で迎撃することが可能。
 さらに、《トゥーンのもくじ》《転生の予言》デッキに戻せば、攻撃力を2500も強化できる。

 魔力カウンターを取り除くタイミングの都合上、他の魔力カウンター系のカードとは連携を図りづらく、【魔力カウンター】での出番は少ない。
 攻撃後からバトルフェイズ終了までの間に《デストラクト・ポーション》等で能動的に破壊すれば、《魔法都市エンディミオン》魔力カウンターを移すことができるが、実戦向きのコンボとは言い難い。

  • アプリゲーム「デュエルリンクス」では、デュエル中の行動に応じて評価得点が付き、デュエル終了時に貰える報酬が増えていく。
    その中には1度に10000ダメージ以上を与える条件もあり、これを達成できれば報酬の数が3個増える。
    その為、特に限定カードが入手できるレジェンドデュエリスト相手において、魔力カウンターを大量に乗せて攻撃力を大幅に上げたこのカード1ターンキルを狙うデッキが活躍している。

関連カード

―自身の魔力カウンターの数によって攻撃力が上がる効果モンスター

―《魔導獣 ケルベロス》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《魔導獣 ケルベロス》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 魔法使い族 攻1400 守1400 魔導獣

広告