魔導術士(まどうじゅつし) ラパンデ/Stoic of Prophecy》

効果モンスター
星1/水属性/魔法使い族/攻 300/守 200
このカードが墓地へ送られた時、
デッキからレベル3の「魔導」と名のついたモンスター1体を手札に加える。

 ABYSS RISINGで登場した水属性魔法使い族下級モンスター
 墓地へ送られた時にレベル3の魔導サーチする誘発効果を持つ。

 墓地へ送る手段は指定されておらず、デッキ手札からはもちろん、エクシーズ素材からでも発動できる。
 非常に容易に発動できる上、レベル3の魔導には有用なモンスターも多く、サーチの幅は広い。
 強制効果のため、タイミングを逃す心配もない。

 デッキから直接墓地へ送る方法としては、《おろかな埋葬》などが挙げられ、擬似的なサーチカードとして運用できる。
 水属性であるため《ジェネクス・ウンディーネ》も利用でき、3枚のデッキ圧縮を行った上で2枚のアドバンテージを得られる。
 《マスマティシャン》も相性がよく、サーチしたレベル魔導とでエクシーズ素材にもなる。

 手札に存在する時は、《ライトニング・ボルテックス》《サンダー・ブレイク》等の手札コストに利用することで、実質ノーコストでそれらを発動できる。
 《THE トリッキー》で捨ててから《魔導老士 エアミット》サーチすることで、魔導書があれば《魔導皇聖 トリス》ランク5のエクシーズ召喚に繋げられる。
 《ワン・フォー・ワン》とは相性がよく、コストとしても特殊召喚先としても利用できる。

 フィールドから墓地へ送られた場合も勿論効果発動するが、【魔導書】ではこのカード召喚権を割きたくないというのが実情である。
 魔導は他にレベル1はいないためにエクシーズ召喚に利用するのも難しい。
 しかし、レベル1なので《リンクリボー》リンク素材および自己再生コストに利用でき、このカードサーチ効果発動できる。
 他には《ディメンション・マジック》《ワンダー・ワンド》コストに利用した場合にも効果発動できる。

 効果自体は優秀なのだが、魔導及び魔導書には発動トリガーとなるカードに欠けているため、カテゴリ外の汎用カードでカバーしたい。
 《ネクロの魔導書》レベルモンスター除外して蘇生することでランク《魔導皇聖 トリス》を出すために使える点が、他魔導との数少ないシナジーだろう。
 【ラモール軸魔導】では、《名推理》レベルをばらけさせる際に採用が検討できる。
 レベル6を宣言された場合に特殊召喚でき、手札に存在する《魔導冥士 ラモール》アドバンス召喚に使えれば理想である。

  • VジャンプWEB内の「禁止カード1枚追加デュエル」内にてオモシロ・ジョークが使用している。
    ジョークはこのカード効果発動条件戦闘破壊時と勘違いしており、トス之助の指摘で気付いていた。
    そのためカードの効果の処理の順番に食い違いが生じており、動画内で注釈が加えられた。
  • 名前の由来は、タロットカードの大アルカナの一つ「The Hanged Man(吊られた男)」のフランス語での呼び名「Le Pendu」だろう。
    カード番号は12、正位置では「修業、忍耐、努力、抑制」逆位置では「徒労、自暴自棄、欲望に負ける」などを意味するカードで、カバラでは四大元素の「水」を象徴するとされる。
  • タロットカードの絵では、二本の樹木に挟まれた場所で足を縛られ、頭を下にした状態で吊り下げられている男の姿が描かれている。
    これは単純な辱めの刑罰ではなく、男自身が望んで受け入れている一種の儀式であると解釈されている。
    OCGでは頭を上にした姿で描かれているが、両手に持った槍が樹木の代用となって全体としてタロットカードの絵とよく似たシルエットを描いている。
  • 英語名の「Stoic」は「禁欲的な」といった意味である。
    正位置の意味のイメージから名付けられたのだろう。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおいて、同一モチーフの《アルカナフォースXII_THE HANGED MAN》が登場している。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:誘発効果になります。(12/08/08)


Tag: 《魔導術士 ラパンデ》 効果モンスター モンスター 星1 水属性 魔法使い族 攻300 守200

広告