魔法の歯車(マジック・ギア)/Spell Gear》

通常魔法
(1):自分フィールドの表側表示の「アンティーク・ギア」カード3枚を墓地へ送って発動できる。
手札及びデッキからそれぞれ1体まで、「古代の機械巨人」を召喚条件を無視して特殊召喚する。
その後、自分フィールドに「古代の機械巨人」以外のモンスターが存在する場合、
そのモンスターを全て破壊する。
この効果の発動後、自分のターンで数えて2ターンの間、自分は通常召喚できない。 

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した通常魔法
 《古代の機械巨人》召喚条件を無視して2体まで特殊召喚する効果を持つ。

 アンティーク・ギアカード3枚という重いコストに加え、《古代の機械巨人》以外のモンスターを失い、4ターンの間通常召喚できないというきついデメリットも持つ。
 フィールドアンティーク・ギアモンスターが複数並んでいるならば、このカードではなく《古代の機械融合》等でアンティーク・ギア融合モンスター融合召喚した方がデメリットも生じず消費も軽い。
 アンティーク・ギアの名を持たないため《古代の機械飛竜》に対応せず、《古代の機械素体》でしかサーチできないのも難点。
 アンティーク・ギア魔法・罠カードコストにできるが、それなら《古代の機械射出機》破壊し、《古代の機械巨人》1体を出した方がデメリットもなく小回りが利く。

 あえてこちらを使うならば、《古代の機械砲台》《古代の歯車》等のモンスター《機械複製術》で3体に増やせばコストは2枚に減る。
 《古代の機械蘇生》であれば自身がアンティーク・ギアなのでコストにもなり、《古代の機械飛竜》蘇生することで《古代の機械巨人》サーチもできるので軽い消費で済む。
 破壊されるのはモンスターのみなので魔法・罠カードで守りを固めておきたい。
 なお、モンスター効果によってカード名《古代の機械巨人》に変更した《E・HERO プリズマー》《ファントム・オブ・カオス》等ならば破壊を免れることができる。
 特に《E・HERO プリズマー》《古代の整備場》と併用することで《古代の機械巨人》手札に呼び込めるので相性が良い。

  • アニメでは以下のような効果だった。
    《魔法の歯車》
    通常魔法
    自分の場に存在する「アンティーク・ギア」と名の付くモンスター3体を墓地に送り、
    自分フィールドのモンスター全てを破壊して発動できる。
    デッキから「古代の機械巨人」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。
    その後、手札の「古代の機械巨人」を全て召喚条件を無視して特殊召喚してもよい。
    この効果を発動した?ターンの間通常召喚を行えない。
    コストモンスターのみであり、コストモンスター破壊する必要があった。
    代わりに手札から出せる《古代の機械巨人》の数が1体多かった。
    通常召喚の封印ターンは手で隠れており詳細なターン数は不明である。
    また、イラストの歯車は焦げ茶色だった。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:手札デッキ《古代の機械巨人》を1体ずつ、計2体を特殊召喚できますか?
A:はい、その2体を特殊召喚します。(08/02/23)

Q:手札またはデッキの片方にのみ《古代の機械巨人》が存在するとき、このカード発動することができますか?
A:はい、できます。
  その場合、手札またはデッキに存在する《古代の機械巨人》1体だけを特殊召喚します。(08/02/26)

Q:このカードの発動チェーンをして《大天使クリスティア》等が特殊召喚され《古代の機械巨人》特殊召喚できなかった場合、その後に自分モンスターを全て破壊しますか?
A:いいえ、破壊しません。(10/06/29)

Q:《D−HERO ダイヤモンドガイ》でこのカード効果発動した場合、「アンティーク・ギアと名のついたカード3枚を墓地へ送る」ことと「2ターンの間通常召喚できない」ことの両方を無視できますか?
A:「アンティーク・ギアと名のついたカード3枚を墓地へ送る」は必要ありませんが、「2ターンの間通常召喚できない」は適用されます。(16/04/25)

Q:通常召喚を行った後、そのターンにこのカード発動できますか?
A:はい、できます。(16/04/25)


Tag: 《魔法の歯車》 魔法 通常魔法

広告