魔法除去細菌兵器(まほうじょきょさいきんへいき)/Virus Cannon》

通常罠
(1):トークン以外の自分フィールドのモンスターを任意の数だけリリースして発動できる。
リリースしたモンスターの数だけ、相手はデッキから魔法カードを選んで墓地へ送る。

 「遊戯王真デュエルモンスターズII 継承されし記憶」攻略本 付属カードで登場した通常罠
 リリースしたモンスターの数だけ相手デッキ魔法カード墓地へ送る効果を持つ。

 墓地魔法カードを回収できるカード《魔法石の採掘》等のごく一部であるため再利用されにくく、魔法カードの妨害としては悪くはない。
 しかしデッキ破壊1枚に対してモンスター1体とコストが高く、しかもトークンすら使えないため明らかに割に合っていない。
 わざわざ《メタモルポット》《ニードルワーム》コストにするくらいなら《皆既日蝕の書》などで再利用したほうがいい。

 モンスターを確保する手段としては、《トライワイトゾーン》を使用したり、各種聖刻モンスターリリースしてリクルート効果を発揮させ、《超再生能力》を使っても損失を減らせる。
 《次元の裂け目》適用されている状況で《異次元の偵察機》などをコストにする手もある。
 《地獄の暴走召喚》《ワイト》で一気に《ワイトキング》を成長させることも不可能ではない。
 《マジカルシルクハット》モンスター扱いの魔法・罠カードリリースする手もあり、《おジャマジック》ならおジャマ3体を手札に加えられる。
 《魔獣の懐柔》《素早いアンコウ》でもモンスターの確保はできる。
 また、変わった所では《花合わせ》を使えば一気に4体のモンスターを簡単に確保でき、後1体を適当なモンスターセットすれば5体のリリース要員が揃う。

 条件さえ整えば毎ターン大量展開できるペンデュラムモンスターコスト候補となる。
 コストにしたペンデュラムモンスターを再びペンデュラム召喚すれば損失は最小限に抑えられる。

  • 英語名は《ウイルスキャノン》。
    アニメ版の《魔法除去ウイルスキャノン》を意識していると見られる。(下記参照)
  • アニメではOCGとの兼ね合いのため、《魔法除去ウイルスキャノン》という名前の魔法カードとして登場した。
    効果も原作と同様だったが、テキストからは「10枚」の指定が抜け落ちている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:コストによってリリースしたモンスターの数より相手デッキに存在する魔法カードの枚数が少ない場合、その残りの魔法カード墓地へ送る処理が行われますか?
A:はい、行われます。(12/07/02)


Tag: 《魔法除去細菌兵器》 通常罠

広告