魔法族(まほうぞく)(さと)/Secret Village of the Spellcasters》

フィールド魔法
自分フィールド上にのみ魔法使い族モンスターが存在する場合、
相手は魔法カードを発動できない。
自分フィールド上に魔法使い族モンスターが存在しない場合、
自分は魔法カードを発動できない。

 CROSSROADS OF CHAOSで登場したフィールド魔法
 魔法カードの「カードの発動」を制限できるルール介入型の効果を持つ。

 魔法カード発動すら封じる効果《魔封じの芳香》を超える拘束力を発揮する。
 フィールド魔法故にチェーン発動こそできないが、《テラ・フォーミング》で容易にサーチ可能なのは《王宮の勅命》《魔封じの芳香》には無い利点。

 自分フィールド上にのみ魔法使い族が存在する場合、相手魔法カードを完全に腐らせる事ができる。
 相手魔法使い族召喚するか、こちらの魔法使い族またはこのカード自体を除去しない限り、一切の魔法カードを使用できなくなる。
 魔法使い族を使用しないデッキであればモンスター罠カードで突破するしかないため、魔法カードへの依存が強いデッキにおいては脅威となるだろう。

 一方で自分フィールド上に魔法使い族が存在しなくなった場合、逆に自分の首を絞める事となってしまう。
 モンスター効果罠カードによる各種モンスター除去で形勢を崩され、自分だけ魔法カードを使えないまま戦線を立て直せず敗北、という事も十分にあり得る。
 魔法使い族があっさり戦闘破壊されてしまうことも考えられるため、維持しやすい魔法使い族を用いるか、除去しきれないだけの魔法使い族を展開する必要があるだろう。
 手札フィールド魔法を確保しておけば、セットによる上書きでこのカード墓地へ送ることにより、自分だけが魔法カードを使えない状況から脱出できるため、覚えておきたい。

 更に効果の適用条件は「自分フィールド上にのみ魔法使い族モンスターが存在する場合」であるため、相手フィールド上にも魔法使い族が存在すると、このカードの効果は無くなってしまう。
 【魔法使い族】【墓守】【魔導書】【魔術師】などのデッキには無力であり、それ以外のデッキでも《エフェクト・ヴェーラー》を始めとした魔法使い族モンスターが採用されていることは多い。
 また、《TG ハイパー・ライブラリアン》《No.11 ビッグ・アイ》等、エクストラデッキ魔法使い族が採用されている場合もあるため、簡単にロックを破られ易い。
 《神の警告》《奈落の落とし穴》等を用いて、魔法使い族召喚特殊召喚に対応できるようにしておきたい。

 魔法使い族魔力カウンターなど、魔法カードと相性のいいギミックが多いが、魔法カードの比率が高すぎると、自分フィールド上から魔法使い族が離れた時の危険が大きくなるのが悩みどころである。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果の発動も制限されますか?
A:いいえ、制限されるのはカードの発動のみです。(08/07/19)

Q:このカードの効果適用中に、《ディメンション・マジック》魔法使い族モンスター自分フィールド上に一体のみ)をリリースしました。
《ディメンション・マジック》の処理は続行されますか?
A:カードの発動を制限するだけで、効果無効になりません。よって、《ディメンション・マジック》は問題なく処理されます。(08/08/01)


Tag: 《魔法族の里》 魔法 フィールド魔法

広告