魔力吸収球体(まりょくきゅうしゅうきゅうたい)/Maryokutai》

効果モンスター
星3/水属性/水族/攻 900/守 900
相手が魔法カードを発動した時、
自分フィールド上に表側表示で存在する
このカードをリリースする事で、
その発動を無効にし破壊する。
この効果は相手ターンにのみ発動する事ができる。

 Labyrinth of Nightmare −悪夢の迷宮−で登場した水属性水族下級モンスター
 自身をリリースする事で魔法カード発動無効にし破壊する誘発即時効果を持つ。
 《異星の最終戦士》融合素材

 相手ターン限定の生きたカウンターとして、相手魔法カード使用を躊躇わせる事ができる。
 一方、低ステータスという弱点も抱えているので、相手モンスターからの攻撃及び戦闘ダメージを防ぐカードとの併用は必須。
 召喚権を使い防御に備えた結果1:1交換は攻め手に欠ける感もあるが、優勢時は大いに牽制できる。
 また、魔法&罠カードゾーンを圧迫せずに済むため、【ウィジャ盤】のようなカウンター罠を使いづらいデッキでは特に重宝する。
 《ハンマー・シャーク》《ガリトラップ−ピクシーの輪−》といった、モンスターを複数展開したりそれを踏まえて動くカードと組み合わせてみるのも良いかもしれない。

 《ダーク・ヒーロー ゾンバイア》との融合で展開できる《異星の最終戦士》は高い拘束力を持ち、このカードを用いる際に狙う価値は十分ある。
 水属性・低攻撃力であり《サルベージ》《ジェネクス・ウンディーネ》に対応するため、サポートを《沼地の魔神王》と分与しつつ融合を狙える。
 両者はレベル3なので、加えて《水精鱗−アビスパイク》《水精鱗−アビスタージ》による手札交換も行なえる。
 《異星の最終戦士》融合召喚後は、《禁じられた聖杯》《月の書》《砂漠の光》を使ってこのカードを並べる事でロックをより強固にできる。

 水族のサポートは増えているため、元々水族サポートを使用するデッキピン挿しするのも手だろう。
 《浮上》《水舞台》等弱点を補ってくれるカードもあり、《ブリリアント・フュージョン》墓地へ送る事もできる。

  • 英語名は「Maryokutai(魔力体)」となっており、このモンスター効果を表す「吸収」の部分が無くなってしまった。

関連カード

―自身をリリースすることで効果の発動無効にし破壊できるモンスター

―類似効果

融合関連

―《魔力吸収体》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:相手魔法カード発動した時にチェーンして《血の代償》を使いました。
  それによりこのモンスター召喚した場合、このモンスター効果相手カードの効果無効にできますか?
A:チェーンの解決中なので、他の効果を割り込めません。

Q:ダメージステップ中に発動できますか?
A:はい、発動できます。
  ただし、このカード自身が戦闘を行うダメージステップには発動できません。(12/07/20)

Q:フィールドに表側表示の《スキルドレイン》が存在していても、このモンスター効果発動できますか?
A:はい、発動できます。
  リリースにするコストであり、効果処理時フィールドに存在しないため可能となります。(09/01/16)


Tag: 《魔力吸収球体》 効果モンスター モンスター 星3 水属性 水族 攻900 守900

広告