抹殺(まっさつ)指名者(しめいしゃ)

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):カード名を1つ宣言して発動できる。
宣言したカード1枚をデッキから除外する。
ターン終了時まで、この効果で除外したカード及びそのカードと元々のカード名が同じカードの効果は無効化される。

 Vジャンプ(2019年7月号) 付属カードで登場した速攻魔法
 発動時にカード名宣言し、そのカード自分デッキから除外して同名カード効果ターン終了時まで無効化する効果を持つ。

 《墓穴の指名者》などと同様に相手メタとなるものだが、こちらは魔法・罠カードにも対応できる。
 無効化は1ターン限りだが、既にフィールドにあるものでも対応でき、速攻魔法なので相手カードチェーン発動して同名カード除外し、無効化する使い方もできる。
 《墓穴の指名者》とは違い、無効になるのはターン終了時までで、次のターン自分カードを使用できるため融通が利きやすい。

 メタ対象となるカード自分メインデッキに採用する必要があるため、《増殖するG》《灰流うらら》《無限泡影》等の使っても腐る可能性の低い汎用カードへのピンポイントメタとしての運用が主体となる。
 《魔鍾洞》の様な、発動されると致命的なカードに関しては事故の可能性を考えてもメタの為に、敢えて採用するということも考えられる。
 相手の《抹殺の指名者》・《墓穴の指名者》にも対策できるため、自分カード効果も通しやすくなる。
 基本的に、相手メタカードに対するメタカードとして、攻めに役立つカードと言えるだろう。
 ミラーマッチにおいては特に有効で、キーカードを防ぎやすくなる。

 メタカードとして使う場合、相手が上記の様なカードを一切使ってこない場合は役に立たなくなる。
 特に地雷デッキ相手では上述のカード共々腐る可能性があり、極端に弱くなる。
 また、《エフェクト・ヴェーラー》など、若干汎用性が劣っていてもメタ能力があるカードを敢えて優先して採用すれば、このカードをすり抜けて対処できる可能性が出てくる。

 相手へのメタの他、デメリットを打ち消す使い方も考えられる。
 例えば、スピリットモンスターメインフェイズ2に除外すればエンドフェイズバウンスを回避して維持できる。

 《封印の黄金櫃》と同様に除外アドバンテージを稼ぐ使い方も可能。
 効果無効になるため《異次元の偵察機》などとのコンボはできないが、帰還サルベージカードとのコンボは可能。
 メタファイズモンスターは次のターンに固有効果発動するため問題にならず、【メタファイズ】においてはコンボと防御を兼ね備えた非常に有用なカードとなる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《増殖するG》チェーンした《抹殺の指名者》A(《増殖するG》宣言)に対して、《抹殺の指名者》B(《抹殺の指名者》宣言)を発動し、デッキから《抹殺の指名者》を除外した場合どうなりますか?
A:ご質問の場合、チェーン3で発動した《抹殺の指名者》Bの効果によって、その《抹殺の指名者》自身の効果無効化されませんが、チェーン2で発動した《抹殺の指名者》Aの効果無効化されます。
  その結果《増殖するG》効果は《抹殺の指名者》Aによって無効化されず、《増殖するG》効果適用することができます。(19/05/23)

Q:相手のこのカードの発動チェーンして自分《刻印の調停者》発動した場合、このカードデッキに存在しないカード宣言できませんが、《刻印の調停者》効果宣言するカードはどのように決めるのでしょうか?
A:公式のデュエル使用できるカード名であれば自由に宣言できます。
  また、このカード効果処理時に、《刻印の調停者》効果宣言されたカード名カード相手デッキに存在しない場合、デッキからカード除外する処理は行いません。(19/05/29)


Tag: 《抹殺の指名者》 魔法 速攻魔法

広告