抹殺(まっさつ)指名者(しめいしゃ)

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):カード名を1つ宣言して発動できる。
宣言したカード1枚をデッキから除外する。
ターン終了時まで、この効果で除外したカード及びそのカードと元々のカード名が同じカードの効果は無効化される。

 Vジャンプ(2019年7月号) 付属カードで登場した速攻魔法
 発動時に自分デッキに存在するカードカード名宣言し、そのカードを1枚除外し、それと同名カード効果ターン終了時まで無効化する効果を持つ。

 《墓穴の指名者》などと同様に相手メタとなるものだが、こちらは魔法・罠カードにも対応できるため選択肢が多い。
 無効化は1ターン限りだが、既にフィールドにあるものでも対応でき、速攻魔法なので相手カードチェーン発動して同名カード除外し、無効化する使い方もできる。
 《墓穴の指名者》とは違い、無効になるのはターン終了時までで、次のターン自分カードを使用できるため融通が利きやすい。

 メタ対象となるカード自分メインデッキに採用する必要があるため、《増殖するG》《灰流うらら》《無限泡影》等の使っても腐る可能性の低い汎用カードが主体となる。
 特に《墓穴の指名者》では対応できない《無限泡影》にもこのカードは対応しており、より有用。
 《魔鍾洞》の様な、発動されると致命的なカードに関しては事故の可能性を考えてもメタの為に、敢えて採用するということも考えられる。

 相手へのメタの他、デメリットを打ち消す使い方も考えられる。
 例えば、スピリットモンスターメインフェイズ2に除外すればエンドフェイズバウンスを回避して維持できる。

 《封印の黄金櫃》と同様に除外アドバンテージを稼ぐ使い方も可能。
 効果無効になるため《異次元の偵察機》などとのコンボはできないが、帰還サルベージカードとのコンボは可能。
 メタファイズモンスターは次のターンに固有効果発動するため問題にならず、【メタファイズ】においてはコンボと防御を兼ね備えた非常に有用なカードとなる。

  • Vジャンプに魔法カードが付属されるのは2001年7月号で行われた「誌面プレゼント」の《ハーピィの羽根帚》以来18年ぶりであり、本誌に付属されるのはこれが初めてである。
    魔法・罠カードの分類においては、2004年《機動砦 ストロング・ホールド》以来の、15年ぶりの限定付属となる。
    • その高い汎用性から、発売当初から書籍が入手困難となっており、予約分のみで販売を打ち切ったり発売日前日に完売する書店も数多く見られた。
      シングル価格も高騰しており、書籍の数倍の値段で取引されている。

関連カード

―指名者と名のついたカードについては《闇の指名者》を参照。

収録パック等

FAQ

Q:《増殖するG》チェーンした《抹殺の指名者》A(《増殖するG》宣言)に対して、《抹殺の指名者》B(《抹殺の指名者》宣言)を発動し、デッキから《抹殺の指名者》を除外した場合どうなりますか?
A:ご質問の場合、チェーン3で発動した《抹殺の指名者》Bの効果によって、その《抹殺の指名者》自身の効果無効化されませんが、チェーン2で発動した《抹殺の指名者》Aの効果無効化されます。
  その結果《増殖するG》効果は《抹殺の指名者》Aによって無効化されず、《増殖するG》効果適用することができます。(19/05/23)


Tag: 《抹殺の指名者》 魔法 速攻魔法

広告