抹殺(まっさつ)聖刻印(せいこくいん)/Hieratic Seal of Banishment》

通常罠
自分フィールド上の「聖刻」と名のついたモンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールド上のカード1枚を選択してゲームから除外する。

 GALACTIC OVERLORDで登場した通常罠
 聖刻リリースし、相手カード除外する効果を持つ。

 除去するカードの種類を問わず、破壊を介さない除外である。
 そのため破壊耐性を持ったモンスターにも有効である。
 さらにモンスター除去だけでなく魔法・罠除去としても使え、エンドサイクのような運用もできる。

 効果だけを見ると2:1交換自分が損をするが、聖刻の大半はリリースされた時に通常モンスター特殊召喚できる。
 この時に《神龍の聖刻印》を呼び出せば、続けて二枚目を発動することもできる。
 それによってディスアドバンテージを取り戻せるだけでなく、新たな展開に繋げる事ができるだろう。
 また、フリーチェーン故にサクリファイス・エスケープも行え、除去される聖刻リリースすればアドバンテージを得る事も可能である。
 ただし、除去として見ると罠カードであるために自分ターンで即座に発動できない点で使いにくさが残る。

  • イラストに描かれている《聖刻龍−トフェニドラゴン》の名前の由来になっているトフェニスは、同じくエジプト神話に登場する女神セクメトと同一視されることがある。
    セクメトは、ラーが自分を崇めない人間たちを抹殺するために自らの右目から生み出した破壊の女神で、その残虐さは生み出したラーですら恐れたという。
    「抹殺」というカード名はこのセクメトを意識していると思われる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《抹殺の聖刻印》 通常罠

広告