未界域(みかいいき)のチュパカブラ/Danger! Chupacabra!》

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1500/守 400
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。
それが「未界域のチュパカブラ」以外だった場合、
さらに手札から「未界域のチュパカブラ」1体を特殊召喚し、
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合、
「未界域のチュパカブラ」以外の自分の墓地の「未界域」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 EXTRA PACK 2019で登場する闇属性悪魔族下級モンスター
 未界域共通の特殊召喚効果捨てられた場合に同名カード以外の未界域蘇生する効果を持つ。

 (1)(2)の効果《未界域のビッグフット》を参照。

 このカードの固有効果同名カード以外の未界域モンスター蘇生
 未界域は積極的に捨てるデッキのため墓地モンスターを確保することは難しくない。
 筆頭は《未界域のビッグフット》であり、高い攻撃力を活かすことができる。
 相手ターン捨てることで緊急的なを作ることも可能。
 他の未界域効果捨てられた場合は2体のモンスターが並ぶため各種素材の確保のために役に立つ。
 未界域は一度フィールドに出すとバニラとなるため、活用法をしっかり考えておきたい。

 下級モンスターのため、(1)の効果に頼らずとも通常召喚できる。
 また、悪魔族サポートカード暗黒界魔轟神と共有できるのもこのカードの利点となる。

  • モチーフは、チリ・メキシコ・アルゼンチン・アメリカなどに出没したという未確認生物の一種「チュパカブラ/Chupacabra」だろう。
    「ヤギの血を吸う」という特徴からつけられたスペイン語の名前であり、英語では直訳され「ゴートサッカー/Goatsucker」と呼ばれることもある。
    体長は1〜2mで全身が毛で覆われ、鋭利なトゲが頭から背中にかけて生えておりカンガルーのように飛んでくるという。
    宇宙人説・宇宙人のペット説があることから「キャトルミューティレーション」と関連付けられることもある。
    1995年初頭に発見目撃されて以降、1000件以上の目撃証言があり、非常に凶暴性が高く家畜だけでなく人間を襲うというケースもある。
    しかしその正体は、「皮膚病により毛が剥げ落ちたコヨーテ」という説が一般的である。
  • イラストにおいては先述のとおり、探検隊の人間が襲われている場面が描写されている。

関連カード

―《未界域のチュパカブラ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《未界域のチュパカブラ》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 悪魔族 攻1500 守400 未界域

広告