魅幽鳥(みくらとり)

効果モンスター
星4/闇属性/鳥獣族/攻1300/守1500
(1):このカードがメインモンスターゾーンに存在する限り、
その位置によって以下の効果を得る。
●左端:このカードの攻撃力・守備力は1000アップする。
●右端:このカードは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。
●中央:このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
●それ以外:このカードと同じ縦列のモンスターは効果を発動できない。

 EXTREME FORCEで登場する闇属性鳥獣族下級モンスター
 カードの位置によって異なる4つの効果を持つ。

 自身の存在するカードの位置によって効果が変化するモンスター
 鳥獣族闇属性レベル4であるため、《RR−フォース・ストリクス》サーチすることが可能。

 左端に存在する場合は、攻撃力守備力を1000アップする効果
 攻撃力2300、守備力2500となり、デメリットを持たない下級モンスターの最高値を超える。
 下級モンスターとして破格のステータスを緩い条件で得られるので、仮想敵によっては、この効果目当ての採用もあり得るだろう。

 右端に存在する場合は、モンスター2回攻撃ができるようになる効果
 モンスターに対してのみの2回攻撃だが、攻撃力1300では倒せないモンスターの方が多い。
 《月鏡の盾》などの装備カード強化するべきだろう。

 中央に存在する場合は、相手効果の対象にならず、相手効果破壊されない耐性を得る効果
 様々なカードの効果での除去はされにくいが、ステータスが低く戦闘破壊されやすい。
 アドバンテージを得られる効果もないため、この耐性を活かすにはステータス強化する手段を併用したい。
 また、《進撃の帝王》にもあるように、環境のインフレに伴い、突破できる除去手段も増えてきているため、安心はできない。

 それ以外の場所の場合は、同じ縦列のモンスター効果の発動を封じる効果
 メインモンスターゾーンに対しては、5箇所の内の1箇所を制限するに過ぎず、影響力が小さい。
 しかし、この場合、同じ縦列にはエクストラモンスターゾーンも存在しており、リンクモンスターなどに対するメタとして機能する。
 あるいは、エクストラモンスターゾーン自分モンスターに対し、デメリット効果発動を阻害させる使い方もできる。
 ただし、あくまで「効果の発動」を封じるもので、効果無効にするわけではない点に注意したい。
 効果の発動に対しチェーンブロックを作らずに妨害できるが、前もってこの効果適用されている必要がある。
 また、効果の発動を伴わない永続効果などを無効にすることもできない。

 このように、4つの効果を使い分けられるものの、効果の実用性にはバラつきが見られる。
 モンスター効果の発動の制限を主としつつ、状況に応じて自己強化アタッカーとする運用になるだろう。

  • カード名の由来は、渡り鳥を意味する「migratory bird(ただしmigratoryの読みは「マイグレートリー」に近い)」に当て字したものだと思われる。
    また、神・君の座所のことである「御座」または「神座」とかけている可能性もある。
    神輿の御座の装飾として鳳凰が乗せられることもあり、鳳凰のデザインをしているのはここから来ていると思われる。
    人魂のように囲まれているのは、鳳凰は中国古代神話において死者の魂を天上へ運ぶ役割も持っているからと考えられる。
  • 「幽」の訓読み「(くら)い」で文字を当てているが、この読みは当て字であり、載っていない辞書も多い。

関連カード

収録パック等


Tag: 《魅幽鳥》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 鳥獣族 攻1300 守1500

広告