冥王竜(めいおうりゅう)ヴァンダルギオン/Van'Dalgyon the Dark Dragon Lord》

効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2500
相手がコントロールするカードの発動をカウンター罠で無効にした場合、
このカードを手札から特殊召喚する事ができる。
この方法で特殊召喚に成功した時、
無効にしたカードの種類により以下の効果を発動する。
●魔法:相手ライフに1500ポイントダメージを与える。
●罠:相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。
●効果モンスター:自分の墓地からモンスター1体を選択して
自分フィールド上に特殊召喚する。

 遊戯王R 第1巻 付属カードで登場した闇属性ドラゴン族最上級モンスター
 カウンター罠による無効トリガーとし自身を特殊召喚する手札誘発誘発効果、この方法で特殊召喚に成功した時に無効にしたカードの種類により強制発動する誘発効果を持つ。

 自身の効果によりノーコスト特殊召喚できるので、高攻撃力による奇襲が可能。
 さらに無効にしたカードの種類により異なる効果発動できるため、カウンター罠に要したディスアドバンテージを取り返すことも可能。
 【パーミッション】や、《魔宮の賄賂》等の汎用性の高いカウンター罠を使えるデッキに投入するのも面白い。

 魔法カード無効にした場合、相手に1500のダメージを与えることができる。
 ダメージの数値自体は大きいが、他の2つの効果と違いカード・アドバンテージを取れない。
 それでも魔法カードにはマストカウンター《ハーピィの羽根帚》等が存在するため、それらを止める意味でも必要になる機会は多い。
 確実性は劣るが、ノーコスト発動できる《マジック・ドレイン》ならディスアドバンテージもなく気軽に使っていくことができる。

 罠カード無効にした場合、相手フィールドカード1枚を破壊する。
 罠カード無効にする場面ではこちらが攻め込んでいる場合が多く、このカード特殊召喚破壊が相まってさらに追撃する形となりやすい。
 ただし、セットされた魔法・罠カード破壊対象にするとそれが《奈落の落とし穴》などの召喚反応型であったりする可能性は出てくる。

 モンスター効果無効にした場合、墓地からモンスター完全蘇生が可能。
 上級モンスター蘇生すれば一気に場を制圧できる。
 《天罰》コストとして捨てたモンスターをそのまま蘇生するのは、【ヴァンダルギオン】ではもはや定番である。

 特殊召喚モンスターではないため、通常召喚蘇生等も可能である。
 自身が《ライトパルサー・ドラゴン》《エクリプス・ワイバーン》にも対応しており、ドラゴン族サポートカードを組み込むのも良いだろう。
 その場合は《銀河眼の光子竜》も採用すれば、《タキオン・トランスミグレイション》と併用可能になる。
 《タキオン・トランスミグレイション》なら魔法カード罠カードモンスター効果の内複数を一度に無効にでき、複数の効果を同時に使用可能になる。

 似たような効果を持つ《裁きを下す者−ボルテニス》《ダーク・ボルテニス》とは相互互換といえる。
 あちらはカウンター罠発動さえできればよいので、特殊召喚の条件を満たしやすい点ではあちらが勝る。
 しかし、こちらは特殊召喚のためのコストが必要なく、カウンター罠無効にしたものによって誘発効果が変わるため、状況に応じて使い分けることができる。
 後者は闇属性であり共有できるサポートカードもそれなりにあるため、そちらと使い分けていくといいだろう。

  • 時と場合」の使い分けが開始されたのは2008年であるが、このカードは初登場した2005年時点から発動条件は「場合」になっていた。
  • イラストは高橋和希氏描き下ろしデザイン。
  • 名前の由来は英語名「Van'Dalgyon」から予想すると、「Vandal(ヴァンダル)」→「(芸術・文化の)破壊者」と言う意味だろうか。
  • アニメARC-Vではセルゲイがモチーフを同じくする《茨の超越戒人(ソーン・オーバーザーバー)−ヴァン・ダーリ・ズーマ》を使用している。
  • ちなみに漫画での登場よりも、カードでの登場の方が早かった。
  • アニメGXにて、双六の店に展示されていた。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード特殊召喚する効果任意効果ですか?
A:はい、そうです。(05/03/04)

Q:特殊召喚効果の具体的な発動タイミングはいつですか?
A:カウンター罠の含まれる一連のチェーン処理が終了した後です。
  したがって、いかなる場合でもタイミングを逃すことはありません。

Q:このカード特殊召喚する効果チェーンブロックを作りますか。
A:はい、チェーンブロックを作ります。(05/03/14)

Q:このカードの効果特殊召喚に成功した時、このカードの効果チェーンブロックを作りますか。
A:はい、チェーンブロックを作ります。(05/03/04)

Q:カウンター罠チェーン2で発動した場合、「カウンター罠発動に成功した」直後にチェーン1の効果処理が挟まり、このカードの任意効果タイミングを逃すのではないですか?
A:テキストに「無効にした場合」とあるのでタイミングは逃しません。(09/05/15)

Q:このカード特殊召喚する効果発動時に《天罰》効果チェーン発動する事ができますか。
A:はい、できます。
  その場合、《冥王竜ヴァンダルギオン》を破壊墓地へ送ります。(06/08/01)

Q:このカードの効果での特殊召喚成功時に発動する効果で対象が存在しない場合、効果発動しないのか効果発動して不発になるのかどちらになりますか。
A:効果発動して不発になります。(05/03/14)

Q:このカード特殊召喚する効果相手ターン発動する事ができますか?
A:はい、発動できます。(05/03/04)

Q:《神の宣告》等でモンスターの召喚反転召喚特殊召喚無効にした場合、このカード特殊召喚する事ができますか。
A:いいえ、特殊召喚できません。(05/03/04)

Q:条件を満たしたとき、手札にこのカードが2枚ありました。
  両方を特殊召喚できますか?
A:特殊召喚できるのは、どちらか1枚のみです。(07/01/04)

Q:条件を満たしたとき、お互い手札にこのカードがありました。
  両方を特殊召喚できますか?
A:はい、お互い特殊召喚効果発動できます。(08/01/08)
  同時に複数のカードが発動した場合にしたがって処理を行います。

Q:条件を満たしたとき、手札にこのカード1枚と《裁きを下す者−ボルテニス》1枚がありました。
  両方を特殊召喚できますか?
A:特殊召喚できるのは、どちらか1枚のみです。(07/01/04)

Q:《執念の剣》《マジック・ジャマー》カウンターしました。
  この場合、《執念の剣》チェーンする形で特殊召喚効果発動するのですか?
A:はい、そうです。(09/01/03)

Q:相手ターン中にカウンター罠によって相手カードの効果無効にしました。
  この一連のチェーン処理後に自分は《冥王竜ヴァンダルギオン》を特殊召喚しようと思っています。
  この時、自分相手優先権を行使してクイックエフェクト発動するかどうかの確認をとる必要はありますか?
A:そのターンターンプレイヤー相手であるため、優先権を行使するのであれば相手自身が宣言するものであるので確認の必要はありません。
  また、相手優先権を行使してクイックエフェクト発動する場合には、それにチェーンする形で自分はこのカードの効果発動できます。(13/03/23)

Q:相手《サイクロン》自分《魔宮の賄賂》相手《盗賊の七つ道具》自分《神の宣告》チェーンを組みました。
  この時、2枚のカウンター罠相手魔法カード罠カード無効にしていますが、《冥王竜ヴァンダルギオン》を自身の効果によって特殊召喚した場合、特殊召喚時の効果はどうなりますか?
A:特殊召喚した《冥王竜ヴァンダルギオン》の効果発動する際には、チェーンの一番最後に処理したカウンター罠によって無効化したカードを参照します。
  よってこの場合、最後に処理を行い無効化したカード相手《サイクロン》である為、《冥王竜ヴァンダルギオン》は、『●魔法:相手ライフに1500ポイントダメージを与える。』効果発動します。(12/05/11)

《虚無を呼ぶ呪文》で複数のカードの発動を同時に無効にした場合について

Q:1連のチェーン内に魔法モンスター効果の中で2種類以上が存在してそれらが《虚無を呼ぶ呪文》によって全部無効化された場合、《冥王竜ヴァンダルギオン》を特殊召喚することはできますか?
  可能な場合、2つ・3つの中でどの効果発動しますか?
  いくつかの効果発動したら、どんな順序で発動しますか?
A:《虚無を呼ぶ呪文》効果によって複数の相手カード発動無効にした際に、《冥王竜ヴァンダルギオン》を自身の効果によって特殊召喚する事ができます。
  また、その場合特殊召喚された《冥王竜ヴァンダルギオン》の効果は1回のみ発動し、3種類全て無効にした場合、一連の効果処理で『●魔法:』『●:』『●効果モンスター:』の処理を全て行います。(14/10/23)

Q:上記において3種類全て無効にした場合、それらの効果処理の順番は自分で選べますか、また、3つの効果処理は同時に行う扱いですか?
A:いいえ、その場合、テキストに記されている『●魔法:』『●:』『●効果モンスター:』の順番通りに行い、それらの処理は一連の効果処理ですが同時に行なう扱いではありません。(14/10/23)

Q:上記において、自分コントロールするカードも同時に無効化した場合、《冥王竜ヴァンダルギオン》はそのカードの種類による効果発動することができますか?
  例:「チェーン1・相手《収縮》チェーン2・自分《ホルスの黒炎竜 LV8》チェーン3・相手《天罰》チェーン4・自分《虚無を呼ぶ呪文》
A:はい、その場合無効にした相手コントロールするカードに応じた効果処理のみ行います。
  例の場合、このカード効果の一連の効果処理で『●魔法:』『●:』の処理を行います。(14/10/23)

Q:自分《虚無を呼ぶ呪文》によって、相手罠カード3枚を無効化しました。
  この場合《冥王竜ヴァンダルギオン》を自身の効果特殊召喚したとき、「●罠:」の効果を3回発動できますか?
A:いいえ、その場合は発動するのは1回のみになり、「●罠:」の効果処理を行なう回数も1回だけになります。(14/10/23)


Tag: 《冥王竜ヴァンダルギオン》 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻2800 守2500

広告