命削(いのちけず)りの宝札(ほうさつ)/Card of Demise》

通常魔法(準制限カード)
「命削りの宝札」は1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):自分は手札が3枚になるようにデッキからドローする。
このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。
このターンのエンドフェイズに、自分の手札を全て墓地へ送る。

 MILLENNIUM PACKで登場した通常魔法
 手札が3枚になるまでドローし、発動するターン特殊召喚制限と、発動後の相手へのダメージが0になり、エンドフェイズ手札を全て墓地へ送るデメリットを持つ。

 最大3枚までドローできるものの、特殊召喚制限とダメージ0の制限があるため、ドローして即座に攻めることはできない。
 更にエンドフェイズ手札を全て墓地へ送ることになるため、そのターン中に使いきる必要が出てくる。
 魔法・罠カードが多いデッキに入れてエンドフェイズになる前にセットしたり、墓地肥やしが活きるデッキに投入するとよいか。
 【トゥーン】ならば多くのモンスターが出したターン攻撃宣言できず、《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》を軸に据えるタイプなら特殊召喚も行わないためこれも悪くない。

 特殊召喚をほとんど行わず、ダメージを与えることを目的としない【終焉のカウントダウン】の様なデッキとは相性がよい。
 バーンデッキでも、相手ターンに主にダメージを与えていく【チェーンバーン】の様なデッキならば問題ない。
 それ以外では、積極的にカードセットしていき、相手ターンに主に展開を行う【アーティファクト】も採用候補となる。
 ただし、いずれに採用するにしても《バトルフェーダー》《エフェクト・ヴェーラー》などの手札誘発が少々使いにくくなる点は考慮したい。
 このカードをフル投入するような場合は、罠カードを防御の中心に据えるのも良いだろう。
 例としてモンスターの枚数を最小限まで抑えた【メタビート】【クリフォート】では、《スキルドレイン》等のメタカードを1枚でも多く引く手段として有用。
 通常モンスター以外のクリフォートペンデュラムモンスターは全て妥協召喚が可能なので、特殊召喚不可のデメリットも響きにくい。

 変わったところでは、展開手段の中心が通常召喚であるため、特殊召喚できない事が問題になりにくい【妖仙獣】に採用しても面白い。
 エンドフェイズデメリットも、妖仙獣バウンスされる前に手札捨てる処理を済ませることで回避することができる。
 ただし、戦闘ダメージを与えることをトリガーとする《妖仙獣 鎌参太刀》とは相性が良くない。
 併用する場合は戦闘を行った後メインフェイズ2で発動するのがベストだろう。

 アドバンス召喚主体の【真竜】にも採用できる。
 セットした魔法・罠カードリリースしてアドバンス召喚できるため特殊召喚不可の制約が気にならない。
 不要な魔法・罠カードリリースすればドローした魔法・罠カードセットする箇所も残しやすい。

  • 原作・アニメにおいて―
    バトルシティ編の「遊戯vs海馬」戦で海馬が使用。
    大量ドローにより体勢を立て直した。
  • 原作・日本版アニメ・海外版アニメ・OCGイラストが全て異なる珍しいカードの1つ。
    また、アニメ内でイラスト違いが存在している点でも珍しい。
  • 原作ではイラストの人物がギロチンの中に手を突っ込みカードを1枚掴んでいる構図になっていた。
  • 海外版アニメでも全体的な構図は日本版のものと同じだが、イラストにあるカードの裏面がアニメ独自なものであり、ギロチンに付いているのは鎖ではなく光っているヒモのようなものになっている。
    また、「vsジーク」戦のみ切り刻んでいる下のカードが別のものに変更されており、「vs闇遊戯」戦では手札にあった時はイラストは海外版のものだった。
    だが、一部の手札のシーン及び発動時には日本版の《断頭台の惨劇》と酷似した全く違うものになっていた。
    なお、海外版『光のピラミッド』では、イラストは日本版と同じものを使用していた。
  • OCGイラストはアニメに近いものだが、効果が変更されたためか落としているカードの枚数が3枚になっている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《命削りの宝札》 魔法 通常魔法

広告