(まよ)える仔羊(こひつじ)/Stray Lambs》

通常魔法
このカードを発動するターン、自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚できない。
(1):自分フィールドに「仔羊トークン」(獣族・地・星1・攻/守0)2体を守備表示で特殊召喚する。

 暗黒の侵略者で登場した通常魔法
 2体の仔羊トークン自分フィールド上に特殊召喚する。
 ただし、そのターン通常召喚セット以外のモンスターの召喚が出来なくなる。

 《フォトン・サンクチュアリ》の実質下位互換
 光属性モンスター召喚制限があることはもちろん、トークンステータスが貧弱なので攻撃力を活かした射出などの戦法もとりづらい。

 このカードが勝る点といえば攻撃宣言シンクロ素材の制限がないことだが、どちらも有効活用は難しい。
 守備表示特殊召喚される上に攻撃力が0なので戦闘には使えず、誓約により特殊召喚発動ターンに行うことはできないからである。
 採用は、アドバンスセットを組み込みつつ、地属性獣族要素が最重要視されるデッキに絞られる。

 あるいは、アドバンスセット《太陽の書》などを組み合わせるデッキでの運用が考えられる。
 リバースならば誓約効果に影響されず、最上級モンスターに対する《奈落の落とし穴》《激流葬》《神の警告》発動される事もない。
 《フォトン・サンクチュアリ》と比べ《奈落の落とし穴》モンスタートークン除去されず、《No.61 ヴォルカザウルス》などで余計なダメージを受ける心配もない。
 闇属性光属性以外を扱うならば、こちらのほうが都合が良いだろう。
 《連撃の帝王》相手ターンアドバンス召喚に利用してもいい。

  • アニメZEXALにおいては、ジンがNo.の持ち主を占う場面でこのカードがめくられている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《D−HERO ダイヤモンドガイ》効果でこのカード墓地へ送り、その効果発動しました。
  この時、このカードの効果に従い「このターン内は召喚反転召喚特殊召喚できない」のですか?
A:その場合、このカード発動した扱いにはなりません。
  よって、このターン内は召喚反転召喚特殊召喚できます。→誓約効果(10/09/29)


Tag: 《迷える仔羊》 魔法 通常魔法

広告